乙武洋匡“過去の不倫”を被害者ヅラして大ブーイングを浴びてしまう…

(C)pathdoc / Shutterstock 

1月12日に放送された『林先生の初耳学』(TBS系)2時間SPに、作家・タレントの乙武洋匡が出演。番組の企画で高学歴ニートに講義を行ったが、ネット上には厳しい声が上がった。

同番組では、働くことに疑問を抱く若者に著名人が講義を行う企画をたびたび放送しており、今回は第4弾として乙武、武井壮、杉村太蔵の3講師が登場。乙武は「死ぬときに後悔する生き方はするな」をテーマに講義を行い、いきなり「乙武洋匡の失敗談と聞いて何を連想しますかね?」「失笑が起こるレベルだとは思うんだけど…(笑)」と、2016年に発覚した不倫スキャンダルと離婚をネタに笑いを誘った。

続けて、乙武は「(発覚後は)ずっと引きこもって、8カ月くらい家から一歩も出れなかった」「人様からの批判というのもやむわけでもなく……海外に移住しようと思った」などと、不倫によって一変した当時の生活を回顧。しかし、その後は「ネット上で石を投げ付けられる日々が始まっても、何でわざわざ悪口言われまくりの日本に帰ってきたのかって言ったら、自分にしかできないことがまだやれてないんじゃないかと思ったから」と立ち直ったきっかけを語り、生徒から一度でも失敗すると除外される現代社会について聞かれた際は、「新卒一括採用をやめること。採用チャンスが大学を卒業するタイミングしかないと皆しがみつく」「1回も失敗しない、冒険しない社会に流動性や活力は生まれない」と、その改善策を訴えていった。

「『週刊新潮』で発覚した乙武の不倫スキャンダルは、結婚してから5人もの女性と関係を持っていた、学生時代からガツガツ女性を口説く肉食系だった、周囲に『一晩に何回でもできる。最後までちゃんと出る』『僕は神様から特殊能力を授かった』と精力を自慢していたなど、どれもかなりインパクトの強いもの。さらに、当時の妻を『俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ』と脅していたことも報じられた上、『ワイドナショー』(フジテレビ系)では『私がしでかしたこと自体は、妻はずっと前から知っていたこと』などと開き直り、元妻から提訴されています。これにより、乙武は自民党からの参院選出馬が取り消しとなり、夢の政治家人生が閉ざされ、本人が語るような隠居を強いられることとなりました」(芸能記者)

 

「こいつを道徳で習わされたのは何だったのか?」

同スキャンダルのインパクトがあまりに強いためか、今回の放送中、ネット上には、

《無理やりいい話に》
《軽い浮気じゃなくて複数の女と浮気で家庭ぶっ壊したんだからな 何でしたり顔で説教垂れてんのか意味分からん》
《乙武先生の講義は、後悔したくないから不倫した。ってことで合ってる?》
《乙武の場合は「一度失敗したら」の失敗が下半身関係だからさ。他の「失敗」と一緒にしないでほしい》
《こいつ何で被害者ヅラなんだよ》
《自分が不倫したくせに社会から批判されて…って嘆いて》
《中傷っていうか事実そのものじゃないか》

など、乙武に対する嫌悪感を示す声が続出。また、講義内で漏らした「政治家は多くの人に信頼され、『この人に託したい』と思われなければなれない職業なので…そういう意味で言うと、僕はやっぱり政治への道は閉ざされてしまった」「政治家に清廉潔白であることを求める人が多数の国では、やっぱり選挙は難しい」という政治への未練に対しても、

《何こいつ選挙民の民度が低い的な話のすり替えしようとしてるの》
《清廉潔白じゃない人も当選しているんですが》
《5人もの愛人を持つという悪質な不倫をし、そのために家庭を崩壊させた。およそ模範や手本にできない人物。少なくとも家庭人としては論外》
《不倫してる人が何を言っても説得力ないでしょ》
《こいつを道徳で習わされたのは何だったのか?》

などの厳しい声が上がっていた。

不倫スキャンダルでは、手の施しようがないほど女グセの悪さが露呈した乙武。社会的制裁を受けた現在では足を洗ったと信じたいが、果たして…。

 

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】