櫻井翔“熱愛スクープ”に騒然…「私服がダサ過ぎて話が入ってこないww」

櫻井翔

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

『嵐』櫻井翔が、交際相手と見られる38歳の女性と〝ベトナム婚前旅行〟していたことを、1月16日発売の『週刊文春』がスクープした。同誌のウェブ版『文春オンライン』でも報じられているが、ファンの心中が察せられる中、意外にも注目が集まったのは櫻井の私服。ネット上では〝爆笑の嵐〟に包まれている。

同記事によると、櫻井が訪れたのはベトナムのリゾート地・ダナン。ベトナムは、東南アジアでも一、二を争うほど物価が安く、白くてサラサラな砂浜がある美しいビーチなど自然豊かな町ということで、日本人にも人気の旅先だ。櫻井が目撃されたのは、1月初旬の朝。寝起きだろうか、少々ぼんやりとした表情で現れた際の姿は、『Chicago』とプリントされたベージュのキャップ帽に、大きく脇の下が開いたグレーのタンクトップ、アジアンな柄のショートパンツという、かなりリラックスした服。公開された数枚の写真の中には、ホテル内を移動するためと思われる自転車のサドルに手を置き、女性を待っているかのようなポーズも。ホテルの朝食を食べたり、プールサイドで談笑したりと、ゆったりとした時間を女性と過ごすことで年末年始の疲れを癒やしたようだ。

「もちろん、今回の熱愛報道でショックを受けるファンは少なくありません。しかしながら、意外にも『自分でもびっくりするぐらいダメージ受けてない』『翔くんは年末あれだけ頑張ってたからお正月くらい彼女とゆっくりしたいよねって思える』などと、反発せずにすんなり受け入れるファンも多いようです。理由は簡単で、昨年11月に突然結婚を発表した二宮和也との比較がされているから。報道が真実ならば、年齢も1歳違い、ニオわせの類いを全くしていないなど、好感が持てる相手といえますからね」(芸能ライター)

 

熱愛報道よりも私服のダサさが話題に

そんな〝ほぼノーダメージ〟の櫻井だが、ベトナムで見せた私服姿はそうはいかなかった。ネット上では、

《撮られたときの服装がハイセンスダサで内容が入ってきません》
《翔くんの服はベトナムで買ったんだよね? 日本にあんなダサイ服売ってないと思うんだけど》
《もし(熱愛が)本当なら彼女さん服選んであげて…笑》
《私服いつも通りダサくて好き度増した》
《翔くんの服のセンスにワロてる ねぇwwwもう少しどうにかならんの?wwwwww》
《翔くんに彼女がいることは当たり前だし昔より全然ショックじゃないけどそんなことより服がダサ過ぎてショック》
《何でなで肩なのにあのタイプのタンクトップ着るんだろう おじさんにしか見えない》

などと、ほぼ笑いのネタと化してしまっている。

まさか熱愛よりも私服のダサさの方が、ファンにショックを与えるとは…。さすがに本人も予想外だっただろう。

 

【あわせて読みたい】