佐藤健とイチャつくな!『恋つづ』上白石萌音“グイグイ”視聴者憤怒

恋はつづくよどこまでも 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月14日、女優の上白石萌音が主演するTBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の第1話が放送された。放送前から懸念されていたように、案の定、上白石に対する批判の声が続出している。

同作の主人公・佐倉七瀬(上白石)は、5年前に偶然出会ったドクター・天堂浬(佐藤健)に一目ぼれ。彼を追い看護師となったのだが、憧れの天堂は、佐倉が思い描いていた人物とはまるで別人だった。超ドSな天堂に憤慨しつつ、仕事に恋に真っすぐな佐倉が、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく…というストーリー。

第1話では、佐倉と天堂の出会い。そして看護師になった佐倉が奮闘する様子が描かれた。

佐倉は天堂と再会するなり告白するが、速攻でフラれた揚げ句、厳しい言葉でののしられてしまう。また、佐倉は天堂が所属する循環器内科で研修をするものの、天堂に早く看護師として認められたい気持ちが空回りし、ミスを連発、またも叱責されてしまう。

しかし、佐倉がひたむきに仕事に向き合う姿勢が徐々に天堂に伝わり、2人の距離は少し縮まっていく。佐倉は天堂に対して「先生、ホントは私のようなスーパールーキーに来てほしいと思ってるんじゃないですか?」と冗談を飛ばすなど良い雰囲気に。だが、第1話終盤、天堂は謎の美女・流子(香里奈)と一緒に住んでいることが発覚するのだった。

 

辛辣な女性視聴者の声

第1話放送後、女性視聴者からは、佐藤のルックスの美しさやドSな雰囲気が「ベタだけどカッコいい」と称える声が相次いだ。しかしその一方で、上白石が佐藤と釣り合わないとの声も多く、

《佐藤健イケメン過ぎて上白石じゃ到底釣り合わない》
《このキャスティングはキツイ》

などと評されている。

また、ミスを連発したり、佐藤にグイグイと迫ったりする様子についても、

《ドジっ子嫌いだから見てるとイライラしてくる》
《あの程度でグイグイするのほんとムカつく!!!!!》
《あの容姿で、たけるみたいなイケメンにグイグイいけるやんってすごいな》
《職場恋愛優先のドジなナースとか嫌過ぎる》
《別に美人じゃなくても問題ないが、ドジっ子属性が許されるのは超美人だけだぞ》

などの声も上がった。

何やら女性視聴者の早期離脱が懸念される…。

 

【あわせて読みたい】