母親だけ置いてきぼり… コカ・コーラ「五輪CM」に批判続出の理由

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

さまざまな問題点を抱えた東京オリンピックの開催までいよいよあと半年。大会スポンサー各社もこれまで以上に派手な広告を打ち出しているが、スポンサー最大手と言っていい『コカ・コーラ』のテレビCMが不評を買っているようだ。

同社は1月6日から、オリンピックの観戦ペアチケットが1010組2020名に当たるキャンペーンをスタート。一大イベントとのタイアップとあって、公式サイトでは、

《東京2020オリンピックの観戦ペアチケットを当てるドキドキを、家族や友人などと楽しめることをTVCMや屋外・デジタル広告などを中心に大々的に発信していきます》
《家族や友人と一緒に東京2020オリンピック観戦チケットを当てるドキドキをお楽しみください》

と意気込んでいる。

同日からはCM展開もスタートし、公式YouTubeチャンネルでも15秒と30秒の2バージョンを公開。「当てるドキドキを家族や友人と楽しむ」という狙いを意識した、チケット当選を狙う家族の姿が描かれている。

 

理解に苦しむ父娘と同情される母…

CM内の家族は父・母・娘の3人構成で、父親はチケット当選のためにコンビニで大量のコーラを購入。家でスマートフォンを使って応募するも、女子高生の娘はその様子を見て「今さらチケット当てようとしてんの?(笑)」と、タイミング的に入手は不可能だと茶化すようにつぶやく。母は娘の横で「何か頑張ってるよ?」と父の頑張りに笑顔を見せるも、娘は相変わらず「遅いよ、ムリムリ(笑)」と諦めモード。しかし、父がチケットを当てると娘は手のひらを返したように「すごーい!」と大はしゃぎし、「娘に、一生に一度の思い出を…」とつぶやく父の心の声と、満員のスタジアムで熱狂する父娘の姿が映されていく。

主に不評を食らっているのは、年頃の娘と父親の仲が良いという現実感のなさと、手のひらを返したような娘の行動。また、ペアチケットで仕方ないとはいえ、父の行動に理解を示していた母が1人だけ置き去りにされるという展開も「かわいそう」との声を集めており、ツイッター上には、

《コカコーラのCM。オリンピック奥さん連れて行かないんだ…。モヤる》
《本当に見せたかったら正規に買ってほしいしお前のペアは娘ではなく母》
《コーラのCM、見るたびにお母さんは??って思ってしまう。。。留守番だったら寂しくない?》
《オリンピックチケットが当たる!てCMほんと気持ち悪い 何で母父娘の3人家族なのに当たるチケットが2枚だけで父と娘で観戦に行くの?》
《娘の立場だと、行くならカレ氏か友達と行きたいし、お母さんだけ置いてくのは気が引ける。妻の立場だと、疎外感ハンパない》
《『無理無理w』とか言いつつチケット当たったらちゃっかり一緒に観戦しに行っててイライラポイント高いな》
《娘がチケット当たった瞬間お父さんすごーい♡とか言い始めるというおじさんドリーム全開加減》
《JKのころなんてだいたい父親嫌いなのに娘と2人で行くとか父親の自己満足でしかないよな》

などと、不快感を示す声が多く見られている。

コーラとは違い、何とも〝スカッと〟しないCMになってしまったようだ。

 

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】