倖田來未の“超脚長写真”に仰天の声続出!「キャプテン翼かな?」

倖田來未 

(C)まいじつ 

歌手の倖田來未が1月14日にインスタグラムを更新。水着姿を公開したところ、あまりの脚の長さに驚く声が続出している。

お正月にバリへ行ったという倖田は、1月11日からその様子を連投。倖田はこれまでに何度もバリを訪れているようで、気に入っているレストランや遊園地を紹介していった。そして14日の投稿では、

《海ーーっ!!! 買った水着を着てみたのはいいのですが、驚くほどの岡本夏生さんラインでした!!大爆笑!!!》

とつづりながら、ビーチでハイレグ水着を着用した写真を投稿。倖田の脚は異様なほど長く見えるが、これに対して、

《せっかくなので、、、キャメラマンにも、きゃなりしたから撮ってもらいました!!!爆笑》
《#きゃなり下から狙ってもらって #足長効果!!爆笑 #ナイスアングル》

などと、脚長効果をあえて狙ったと明かしている。

同投稿には、カメラマンが地べたを這いつくばって倖田を撮影している自虐的な写真も添えられていた。

 

ローアングル+加工=キャプテン翼

この脚長写真はネット上で話題となり、

《キャプテン翼感すごいね》
《ダルンダルンにならず絞まってる体を維持してるのはスゴいよ》
《めっちゃボディーラインきれい!! 着こなせるくうちゃんカッコいい!!》

などといった称賛の声が上がることに。その一方で、倖田が脚長効果を狙った上に〝加工〟までしていると疑う声も多く、

《こんなに切れ上がった水着でこの胴の長さは変よ》
《膝の皿が長いし、太ももの付け根のシルエットおかしくて気持ち悪い》
《後ろの背景が歪んでるで》

など、ネット上の分析班が解析を行っていた。

「若いころは何かと批判されていた倖田ですが、37歳になった今は、プロポーションを保っていることを素直に称える声も多くなっています。身長154センチと小柄ながらもスタイルが良く見えるのは、それだけ努力を怠っていないからでしょう」(芸能記者)

40歳を超えても、このスタイルを維持してほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】