『モニタリング』ドッキリにヤラセ丸出し疑惑「警察呼ばないのか?」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

1月16日放送の『モニタリング』(TBS系)は、アスリートが老人に扮して一般人のもとに現れ、華麗な技を披露する「ドッキリ」で驚かせた。しかし、アスリートが施したメークやアクションを披露したシチュエーションを見て、視聴者は「なぜ気付かないのか」と不思議がった。「そろそろヤラセと気付くべきだ」と呆れる声も相次いでいる。

同番組では、アスリートを老人に変装させる企画を次々と放送。このうち、東京五輪のスポーツクライミング日本代表候補の緒方良行選手は、一般人の前で老人らしくヨボヨボとしながらも、小学校の校舎を素手でよじ登る離れ業を披露。居合わせた一般人女性が戸惑いの表情を見せる中、14メートル上の屋上まで登り詰めると、女性は「何、今のおじいちゃん…」とつぶやいた。

 

高さ5メートルから飛び降りてもさほど驚かず…

他にも、世界的なパルクールアーティストのZEN氏、泉ひかり氏が老いた従業員に扮してホテル内でケンカをし、テーブル、椅子を跳び越えながら追い掛け合う模様も放送された。居合わせた客は高さ5メートルの2階からジャンプして見事に着地した2人を見て大いに驚いていた。

一方、視聴者は一連のVTRに疑問を持った様子。校舎をよじ登ったり、ホテル内で派手に立ち回るアスリートたちを見た一般人が、大きなリアクションを見せなかったことに首を傾げていた。

《お客さん警察呼ばないのか?ヤラセだから呼ばないか》
《普通ならその場離れるのにずっとカメラ映るところいるのおかしい》
《これだけ延々と同じパターンでドッキリやってるのに、誰も『モニタリングじゃね?』って言う人が居ないところがまさしくヤラセなんだよね》
《やらせをやるぐらいなら芸能人にやればいいのに》
《この子たち誓約書書かされてんだろうな~》

アスリートに施されたメークにも違和感を示す声が続出した。

《メークが「お前人間の顔見たことあんのか?」ってレベルの下手糞さ》
《アスリートの変装シリーズって明らかにヤラセなのにナゼ告発されないのだろう?》
《変装が雑過ぎない? いつもこういう感じ? こんなんで騙されるものなの? ヤラセ?》
《モニタリングどう見てもお兄さんが特殊メークしてる感すごくてヤラセ丸出し感》

一般人は本当にズブの素人だったのだろうか。

 

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】