生田絵梨花も『乃木坂』卒業!? 次期エース候補続々で“カラダだけ”限界か…

生田絵梨花 

(C)まいじつ 

『乃木坂46』の人気者、生田絵梨花が、白石麻衣に続いて卒業するのはでないかとウワサされている。

「白石は乃木坂で紛れもないエースでした。でも生田は写真集の話ばかり取り上げられ、いまいち存在感がない。むしろ齋藤飛鳥の方が、顔が小さいとかクールキュートとかいわれて、何かと話題になります。それでも白石ほどの支持はない。生田はなおさらです」(アイドルライター)

白石の卒業は年齢的にも潮時とみられていた。しかし、生田は昨年1月に発売した写真集『インターミッション』の累計刷り部数が38万部と、白石のロングヒット写真集『パスポート』の37万部を抜いている。

「生田の写真集がバカ売れしても、さほど話題にならないのは、アイドル性よりカラダで売れているからと陰口されています。身長160センチ、推定バストサイズ86センチのDカップ巨乳。スバラシイことに違いありませんが…」(同・ライター)

カラダは折り紙付きだが、ビジュアルの評判もパッとしないようだ。

「乃木坂に入っていなければ、どれほど活躍ができたのか疑問。これは芸能サイトでも書かれていることで、どうもルックスに引き付ける魅力が乏しい。不美人ではないのですが、どこにでもいそうなタイプ。〝惜しい顔〟なのかもしれません」(同)

 

写真集の売り上げはエース級だが…

そこで出てきたのが、白石同様の限界説だ。

「やはり、これ以上は人気が伸びるとも思えません。実際、今は後輩の方に注目が移っている。生田は正直、下降モードです」(アイドル雑誌編集者)

とりわけ、この1月に成人式をお披露目した山下美月、大園桃子あたりが、将来のエース候補だという。

「白石の後は、まずは飛鳥が後継という感じでしょうか。続く山下は美人系の正統派がウリ、大園は鹿児島弁を使う独特なキャラで人気急上昇中です。それでも、同じ秋元康氏プロデュースの『欅坂46』『日向坂46』も出てきて、もう乃木坂の時代というわけでもありません」(同・編集者)

それだけに、生田の存在は微妙なようだ。

「早い段階で卒業し、別なタレント業を模索する方が賢明でしょう。豊乳を生かしたグラドル転身が有力です」(同)

写真集で魅せたような〝エッチなアイドル〟でナンバーワンを目指してほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】