小雪“インフルエンザ予防法”にツッコミ続出「何言ってるか分かんない」

(C)まいじつ

昨年から田舎と都会で二重生活を送っていることを明かしている女優の小雪。去る12月4日、都内で行われた映画『いただきます ここは、発酵の楽園』の完成披露試写会に登壇した際、プライベートの食生活などについて語ったのだが、毎食〝玄米を食べている〟ため〝インフルエンザにかからない〟などとトンデモ発言をしていたとして、ネット上では「女進次郎」「マジでしゃべらない方がいい」などと、呆れる声が続出している。

小雪は1月24日公開の同映画で、ナレーターとして出演。同作は食育で知られる保育園を描いたドキュメンタリー『いただきます みそをつくる子どもたち』の続編にあたる。「植物、微生物、ありがとう」をテーマに、田植えや稲刈りを園児たち自身が行っている〝畑保育〟を実践する保育園をメインテーマに据えた〝心も体もオーガニックに生まれ変わる〟ドキュメンタリー映画となっている。

現在、小雪は俳優・松山ケンイチとの間に産まれた3児の母。食育に高い関心を持っているようで、〝腸内細菌を育てる食事〟を日々意識しているのだそう。