広瀬すず“ルイ・ヴィトン”ポーズが話題「お魚くわえたドラ猫www」

広瀬すず 

(C)まいじつ 

女優・広瀬すずの〝とある画像〟に対し、ネット上でツッコミが上がっている。

1月21日、高級ブランド『ルイ・ヴィトン』が、アンバサダーに広瀬を起用すると発表。関係者によると、起用理由は「進化し続ける姿がエスプリ(精神)と共鳴している」とのことで、広瀬も公式コメントで、《いつか身に着けてみたいと思い続けていた憧れのブランドだったので、アンバサダーに就任できたことをとてもうれしく思っています。これまで目にすることや体験することのなかったファッションの世界を楽しみながら、ルイ・ヴィトンファミリーの1人として、皆様にその魅力を伝えていきたいです》などと喜びをあらわに。同日には早速、2020年クルーズコレクションのアイテムを着用した広瀬のビジュアル画像も公開されている。

 

「門限破ってコソっと帰宅したようなポーズ」

ビジュアルは何点か公開されているが、ツッコまれているのはポーチ型ミニバッグを持った広瀬のビジュアル。スリットからチラ見えする太ももがセクシーだが、まるでクラウチングスタートを切ったかのような前屈みで片足だけ上げ、顔だけはこちらを向くという謎のポーズを取っている。

View this post on Instagram

LV❤︎ #ellejapan

A post shared by 広瀬すず (@suzu.hirose.official) on

何やら泥棒のイラストにも見えるこのポーズ。ネット民も〝コソコソ〟しているとの印象を受けたようで、

《この門限破ってコソっと帰宅したようなポーズはカッコいいのか?》
《しかも静か~に家に入って親と目が合ってしまった瞬間》
《言われると確かにってなる》
《コソドロが見つかったときのポーズと思いました》
《抜き足差し足忍足って感じですね》
《お魚くわえたドラ猫が立ち止まったときの表情と同じwww》

などといったツッコミが上がっている。

常人には理解が追い付かないようなハイセンスさは、高級ブランドの特徴。ヴィトン関係者の〝満足度〟はいかばかりか。

 

【あわせて読みたい】