HIKAKIN“コアラのマーチ大量購入”の理由に感動!「世界一のイケメンだ」

HIKAKIN 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

大人気ユーチューバーのHIKAKINが1月21日、自身のYouTubeチャンネルを更新。深刻な森林火災が続いているオーストラリアに対し、およそ225万円の寄付をし、視聴者にも呼び掛ける動画をアップしたところ、ネット上で大喝采を浴びる事態となった。

昨年9月ごろから、オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州やビクトリア州で大規模な森林火災が続いている。出火原因は高温や乾燥など異常気象によるものだとみられており、火災が発生しやすい状況が続いているだけに消火活動も難航。焼失した面積はおよそ500万ヘクタールだという。地元メディアによれば、《10億匹を超える野生動物が死んだと推測されている》などと、その被害は甚大だ。

そんな中、HIKAKINが21日に『【拡散希望】ヒカキンと一緒にオーストラリア森林火災の被災地に募金しませんか?【コアラを助けたい】【寄付の方法】』というタイトルの動画をアップ。動画内ではまず、HIKAKINがお菓子の『コアラのマーチ』が入った箱を抱えながら登場。大量購入した理由を「オーストラリアのコアラを助けたい」と明かした上で、同商品を購入するとコアラの保全活動を行なっている研究機関にお金がいくことを紹介。クレジットカードでの募金が難しい子どもたちに対し「おやつ迷ったときには、『コアラのマーチ』にしよう」と呼び掛けた。

 

コアラ王HIKAKINとして歴史に名を残すのであった

その後、自身のスマホ画面を動画内に表示して「オーストラリア赤十字社」と「ポート・マッコーリーコアラ病院」の2機関宛てに実際に寄付してみることで、手順や留意点などを分かりやすく説明。ちなみに、HIKAKINが上記機関に寄付した金額は合計3万オーストラリアドルで、動画撮影時のレートで約225万円寄付した計算になる。そして最後に、自身1人が莫大な募金をすることも重要だと前置きした上で、さらに重要なのは「僕の動画を100万人の方が見てくださっているとしたら、1人100円で合計1億円になります」と〝みんなで力を合わせること〟と主張。そのために多くの人に拡散してもらうことが「今の僕の価値」とし、「みんなで助け合いましょう」と力強く締めた。

この動画に対し、ネット上ではその〝聖人〟っぷりが話題に。

《子供を笑顔にして稼いだお金で動物たちを救う男》
《ヒーローかな?》
《ホレた。世界一のイケメンに見えた。一瞬》
《スゴいよね。自分がヒカキンぐらい稼いでたとして、彼と同じことをできるかと問われると正直微妙》
《200万円の財布落としたばっかりなのにこれはガチでやばい。俺はHIKAKINがこんなにいい活動をしてるからファンをやめない》
《自分の影響力をちゃんと分かっていて、広告も付けずインフルエンサーとなり皆に募金を促すHIKAKINさんはやっぱり尊い》

などと、称賛の声が殺到している。

いまや子どもだけでなく、大人からもその〝プロ意識〟の高さで尊敬を集めているHIKAKIN。YouTube界の〝トップランナー〟であり続けるゆえんが、この動画に詰まっているのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】