Kōki,“横並び”で身長詐称がバレた!? 浅田真央とほぼ同じ疑惑…

日本ジュエリー ベストドレッサー賞 

(C)まいじつ 

木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,が1月21日、『日本ジュエリー ベストドレッサー賞 表彰式』に出席。白のパンツスタイルで他受賞者を圧倒するプロポーションを披露したのだが、ネット上ではその〝身長〟に違和感を唱える声が続出。〝身長詐称〟疑惑が浮上しているようだ。

同賞は、この1年で〝最も輝いている人、宝石が似合う人〟を世代別、男女別で表彰するもの。31回目となる今回は、Kōki,の他、20~60代部門の受賞者はそれぞれ、有村架純、木村文乃、藤原紀香、松下由樹、原田美枝子が受賞。男性部門では、昨年立て続けにヒット作で主演を務めた俳優の田中圭が受賞。さらに特別賞として浅田真央と高橋英樹が受賞した。

10代部門を受賞したKōki,はこの日、胸元がV字に大きく開いたノースリーブタイプのパンツスタイルの衣装で登壇。昨年3月、高級ブランド『ブルガリ』のジュエリーを身に着け「ブルガリのジュエリーにふさわしい、エレガントで心が強い女性になりたい」と将来像を語っていたKōki,だが、今回のイベントでも「自分が素敵だなと思うジュエリーにふさわしい女性になれるように、これからも頑張っていきたい」と同様のコメント。そうそうたる顔ぶれの中でも、圧倒的なオーラでひと際会場に華を添えていた。

 

Kōki,のせいで高橋英樹が巨人になる

「受賞者が横一列に並んだ写真に対し、ネット上ではKōki,の〝身長詐称〟疑惑が浮上しています。公称身長170センチのKōki,ですが、身長163センチの浅田真央と同じくらいに見えるのです。今回もいつもと同じく異様に高いヒールを履いていながら、浅田と大して変わらないのは不自然。また、ヒールを履くと身長181センチ(プラス革靴)の高橋英樹と同じくらいの身長になるはずが、高橋の方が10センチ以上は高く見えますね」(芸能ライター)

ネット上ではKōki,の身長に違和感を持つ声が上がっているようで、

《高橋英樹、身長2メートルあるんか!?》
《ヒール入れたとしても163センチの真央ちゃんとKōki,の身長変わんなくない?》
《Kōki,さん、15センチくらいありそうなハイヒールだったけど、身長どうなってるの?》
《コーキを160センチだと仮定して、15センチのヒールで英樹(181くらい?)とのこの身長差。すごくしっくりくるわ》

などと揶揄されている。

とはいえ、Kōki,はまだ16歳。まだまだ身長は伸び続けるのだろう。

 

【あわせて読みたい】