ローラ『モニタリング』ワガママで企画ぶち壊し?「面白くない」「痛い」

ローラ 

(C)まいじつ 

モデルのローラが1月23日、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に出演。変装してロケに臨んだが、自由気ままな行動を繰り返して共演者を呆れさせた。視聴者からも同様の声が続出している。

この日、ローラは名古屋のショッピングモールで具志堅用高、『三四郎』の小宮浩信とともにロケ。ローラは制服に着替えてその場を歩き、周囲から名前を呼ばれた時点でロケが終了するという企画だ。

 

存在がバレたら企画終了なのに…

小宮、具志堅は周囲にバレないように特殊メークを施した。ローラも眼鏡にマスク姿で顔を隠したが、大きな声で「具志堅さん」と話し掛けるなど、周囲に存在がバレかねない言動、行動を連発。小宮の制止を無視する展開が続いた。

特徴ある大きな声で「ハックション!」とくしゃみのフリをするなど、この日もローラは天真爛漫。「飽きちゃったもん、(ロケが)長いし」とつぶやく場面も。同企画に出演する芸能人はむやみにしゃべったりしないのが通例だが、ローラは小さな子供に「おいで」と声を掛けるなどし、子供の父親がローラなのではないかと疑う場面もあった。

結局、最後まで周囲にバレることはなくロケは成功に終わったが、視聴者からは呆れ声が続出している。

《ローラと小宮、わがまま世間知らずお姫様とお付きの人みたい》
《ローラわざとバレようとしてるの? それともただのバカ?》
《ローラばれたかったんやろな》
《ローラって多動症と診断しました。笑 同じ場所にじっとしてられないみたいな…》
《ローラ無邪気ぶっているが、もう29歳だからな。その年でそのキャラは痛い》
《はなっからヤラセって分かってるけど、ローラのは白々しくて面白くないね》
《わざわざバレるようなことして意味分かりません》

ローラにとっては〝ハリウッドスター〟としてのプライドが傷ついたロケになってしまったのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】