成宮寛貴“股間ギリギリ”セクシー写真にドン引き…「いろいろと残念だ」

成宮寛貴 

(C)まいじつ 

「成宮寛貴」の名で活動していた元俳優・平宮博重氏が、自身のインスタグラムでセクシーなバスローブ姿を公開した。

1月17日、平宮氏は英語で《去年はとても激しかった》《今年はもっと落ち着いて過ごしたい》などとインスタを更新。《スパに行った方がいいと感じる》と書いていることから、行きつけのスパで撮ったと思われる画像を公開した。後ろには観葉植物や大量のロッカーが並んでおり、平宮氏はハーフパンツ一丁にバスローブを羽織った姿。〝腰パン〟のように下げてはいたハーフパンツは股間ギリギリで、かなりの色気を放っている。

前髪をかき上げたポーズや細マッチョな肉体はワイルドかつセクシーで、実に6万を越える〝いいね!〟を獲得。コメント欄にも、

《やばーい エロいです笑笑》
《朝からセクシーなバスローブ姿をありがとう》
《ウエストから股間にかけての溝?大好物です》
《ご馳走さまです》
《ちょ、下げ過ぎ…ありがとう笑》
《これブツ見えそうで普通に心配》

など、興奮に沸く〝成宮ファン〟の声が寄せられている。

 

興奮に反して辛辣な意見も…

一方、ファンではない層からは、

《顔はカッコいいのにいろいろと残念》
《ズボンキチンと上げなさい!》
《小さい画像だとめっちゃ腹ボッテリして見える(笑)》
《溝見せるのがセクシーだと思っちゃうタイプ?w》
《昔は好きだったのに、SNSを始めて下品な写真ばかり投稿していて、本当に残念》
《自己顕示欲旺盛中年男性》

など、手厳しい意見も見られている。顔が整っていることは客観的にも間違いないが、37歳の男性の半裸ということもあって、賛否は分かれているようだ。

「平宮氏のインスタは体をチラ見せする投稿が多い。昨年8月には上半身裸でグルグルと回る謎の動画をアップし、6月にもシャツのボタン全開でドーナツをくわえるグラビアのような画像をアップしている。こうした投稿はマニアには垂涎モノな一方、『気持ち悪い』と拒否反応を示す人も多いようですね」(芸能ライター)

この容姿と肉体を生かすには芸能の仕事がピッタリだと思うが、復帰はしないのだろうか。

 

【あわせて読みたい】