ロンブー淳の“新襲名報告”に冷めた声…「ヤクザ屋さんみたいだよw」

田村淳 

(C)まいじつ

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が1月26日、〝ロンドンブーツの二代目1号〟を襲名したことをYouTubeチャンネルの動画で発表した。

淳は、「このたび、わたくし田村淳はロンドンブーツの二代目1号を襲名させていただくこととなりました。つい先日、先代の1号・田村亮から、これまで世間の皆さまをお騒がせした責任を取り、1号から2号に身を引きたいという申し出がございました」と明かし、続けて「一晩熟考した上で、1号を襲名する覚悟を決めさせていただきました」と、亮の申し出を受ける決心をしたことを伝えた。

「1993年にコンビを結成した2人ですが、もともと、1号、2号の区別が特にあったわけではなく、時々、年上の亮が1号を名乗ることがある程度でした。おそらく多くのファンが意識したことはなかったんじゃないでしょうか。今回、あらためて淳が1号になることを発表したのは、不祥事を起こした亮の再出発を考えてのことだと思います。しかし、お笑いファンの間では賛否両論が飛び交っているようですね」(芸能記者)

 

YouTubeネタの話題作り?

ネット上では、

《相変わらず相方思いだな。今どきここまでコンビ仲がいいのも珍しいのでは?》
《正直、どうでもいいけど、淳が亮のことを考えてるのはよーく分かった》
《ちょっとスベってるかも? はかま姿で襲名ってヤクザ屋さんみたいだよw》
《話題を集めたくて必死になってるな。お前らコンビでネタ披露なんて随分してないだろ》
《1号から2号に身を引きたいっていうのがそもそも意味不明。言葉遊びしてるだけだろ》

など、やや冷めた反応が多く見られるようだ。

「一見、出直しのために名前を変えたことを報告しているようですが、一部の関係者からは『動画ネタを考えるのにかなり困っているようだ』という話も聞かれます。淳はこれまで自身の正月旅行やキャンプ動画などを投稿していますが、どれも再生は数万程度で、有名芸能人としてはイマイチな状況が続いています。何はともあれ、しばらくテレビ出演の見込めない亮のためにも、YouTube動画ネタに奔走せざるを得ないのかもしれませんね」(前画の芸能記者)

現在、ツイッターでは自らを〝田村淳社長△〟と名乗っている淳。〝実業家〟としての手腕発揮に期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】