ウエンツ瑛士“日本復帰”も『火曜サプライズ』MC代役のヒロミは退かず!

ウエンツ瑛士 

(C)まいじつ

タレント・ウエンツ瑛士の芸能界復帰が目前まで迫っている。

ウエンツは「演技を勉強したい」との意向から2018年9月に芸能活動を休止し、翌月からイギリス・ロンドンへ留学。当時、MCとしてレギュラー出演していた『火曜サプライズ』(日本テレビ系)は番組降板となり、代役としてヒロミが新レギュラーに就任することとなった。

昨年12月、ロンドンとの中継で「火曜サプライズ」にVTR出演したウエンツは「来年の4月に帰る予定」と帰国の時期を明言。いよいよ2カ月後に迫り、レギュラーとしてのウエンツが1年半ぶりにカムバックしようとしている。

そんな中、復帰に伴って問題となるのがヒロミの去就だ。ヒロミは代役として加入するも、バラエティー慣れした安定感で今や番組を取り仕切る重要な立場に。レギュラー就任のいきさつを考えれば〝再交代〟するべきだが、なかなかそうもいかなくなっているのが現状だ。

 

ちゃっかり居座った指原を前例に〝ダブルMC〟へ

「ウエンツは同世代の俳優仲間に大物が多く、彼らとは10代のころから親交も深い。通常、くだらない街ブラグルメロケに出ない俳優が『ウエンツの番組なら』と出演してくれるケースも多く、パンダとして有能な働きをしていました。視聴率もヒロミよりウエンツ時代の方が高く、制作サイドとしては復帰を三顧の礼で迎え入れたい心境。しかし、かつて干された反省からギャラ相場が格安な上、安定感のある進行で番組を支えたヒロミも外せません」(芸能記者)

そこで、番組はヒロミを残した上でウエンツを復帰させるという〝共存策〟を取るつもりだという。

「4月からのウエンツ復帰は内定していますが、その上で功労者としてヒロミも残す形で調整が進められているようです。一度降板した番組にすぐ復帰するというのは珍しいケースではありますが、同局が放送している『今夜くらべてみました』レギュラーの指原莉乃も、当初は産休を取ったSHELLYの代役でした。こうした前例もありますし、調整は意外にもスムーズに進んでいるそうですよ。むしろ懸念されているのは、『演技のために』と留学したのに復帰初仕事がバラエティーMCという、ウエンツの〝ご都合主義〟に視聴者が納得するかでしょう」(番組制作会社関係者)

どうやら、4月からはウエンツ・ヒロミの2枚看板になりそうな「火曜サプライズ」。しかし、2人分のギャラで製作費がかさむことを考えれば、別のレギュラーが切られるなど、企画内容がスケールダウンする形でシワ寄せがいくかもしれない。

 

【あわせて読みたい】