柳ゆり菜“完脱ぎ”映画『純平、考え直せ』~南野拓実メロンメロンも納得!

純平、考え直せ 

作品目『純平、考え直せ』

【アークエンタテインメント 2018年 DVD発売中】
【監督/森岡利行】
【出演/野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、片岡礼子ほか】

サッカー日本代表でプレミアリーグの名門、リヴァプールFCに所属する南野拓実との真剣交際が明らかになった女優の柳ゆり菜。2014年のNHK朝ドラ『マッサン』では、半裸で赤ワインを手にしたポスターのモデル役で話題を呼んだが、映画ではもっと大胆露出、いわゆる〝完脱ぎ〟したのが、この作品だ。柳、南野双方の事務所も認めたオープンな付き合いゆえ、このままゴールインかとウワサされている。2人とも大阪出身だけに〝夫婦漫才〟的に気が合うかもね。それを祝して(?)、この〝お宝化〟になりそうな旧作をプレイバック!

新宿・歌舞伎町のチンピラ・ヤクザの純平(野村周平)は、親分から鉄砲玉を命じられる。決行までは3日間だ。この純平に偶然出会ったOL・加奈(柳ゆり菜)は、自らの平凡な日々を覆す魅力を彼に感じたのか、決行までの時間を一緒に過ごすことになり、当然のように深い関係になってゆく…。

 

濡れ場の数々もいとわない女優魂

NHKドラマ出身の女優は〝意外と脱ぐ〟という定説を、柳は見事に証明してみせた。普通のOLが鉄砲玉のチンピラと行動をともにし、エッチもしまくる、という一見〝あり得ない〟設定も、彼女のおかげで違和感なく味わえた。複雑な女性心理を予想以上に演じ切った、という印象だ。安ホテルの一室、激しくカラむ2人。彼は正常位で攻めたて、M字開脚でそれを受け入れる彼女。激しい律動の果て、ベッドに横たわる彼の隣で、見事なEカップのふくらみをフルオープンさせる柳の絶品・奇跡の乳房、小ぶりなピンクの乳首に目がクギ付けになったものだ。朝ドラで話題になった胸の全貌を拝めた思い。くびれも見事だし、おヘソの形も脚線美もナイス。

次は、一転して豪華なホテルのスイートでの再戦。バスローブ姿の柳の爆乳チラ見え。顔を股間に埋める〝オーラル奉仕〟のシーンもある。正常位で突かれた彼女の〝奇跡の乳房〟が汗まみれだ。と思えば〝レイプ禍〟もある。元会社同僚のストーカー男に付け狙われ、潜伏先のホテルでうっかりドアを開けて襲われるのだ。ハサミまで持ち出し、彼女の髪をズタズタに切り裂き、〝操〟まで奪う鬼畜ぶりである。この屈辱シーンの撮影で、柳は地毛の髪を本当に切らせて、リアリティーに寄与したそうだから、女優魂もハンパなく、濡れ場の数々もいとわず、彼女の〝本気度〟が伝わった。

柳の新作は、井筒和幸監督の8年ぶりのアウトロー映画『無頼』(5月公開予定)で、こちらも楽しみ。そのころは結婚発表かな?

(映画評論家・秋本鉄次)

 

【画像】

krol3ong / Shutterstock

【あわせて読みたい】