東出昌大“最後のドラマ”!? 『ケイジとケンジ』視聴率回復にドヨメキ!

東出昌大

(C)まいじつ

1月30日に放送された桐谷健太と東出昌大がダブル主演するドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)第3話の平均視聴率が10.3%だったことが、ビデオリサーチの調べで分かった。前回放送より0.6ポイントアップした。

同ドラマは元教師の刑事と東大卒のエリート検事が異色のタッグを組み、難事件解決に奔走するドラマ。初回放送は12.0%と二桁を記録し、素晴らしいスタートを切っていたが、第2回では9.7%と早くも一桁台に落ち込んでいただけに、ネット上では東出の〝不倫効果〟を指摘する声が上がっていた。しかし…

《東出の記念すべき最後のドラマ作品だろ? 見ておかないとなw》
《でっくん大勝利だな。棒演技にも注目が集まってそう》
《スペシャルゲストで唐田と杏を出せば、間違いなく今年一番の視聴率を取れるぞw》
《火事場の野次馬と一緒かな。何となくチャンネルを合わせてしまったぜ》

など、視聴率回復の要因となった〝逆効果〟の意見があらためて寄せられることになった。

「東出の不倫報道もあり、一時は『検事が不倫で別居中の俳優ってもう、見る気しない!』『検事が未成年不倫なんてあり得ないだろ』などという声が上がっていましたが、野次馬感覚の視聴者がこぞってチャンネルを合わせたようですね。ドラマの中で『どこで間違えたんだろう』という東出のセリフや、部長検事役の柳葉敏郎の『オマエ終わったな』というセリフなどがあり、これらが東出の現実を想像させることから、ツイッター上では大喜利大会まで開かれています。ドラマ自体も面白いのですが、残念ならが、注目されているのは別の部分だというのが何ともシニカルですね」(エンタメ誌記者)

 

ウケ狙い大喜利路線にシフトか?

もっとも、女性視聴者からは依然、東出の出演に懐疑的な声も多いよう。今のところは話題性で視聴率をキープできているが、今後、回を重ねるごとに下落していくのは容易に想像できる。解決策はあるのだろうか。

「局側もスポンサークレジットを出すまで時間をかけたりと、かなり苦労しているようですね。今後は続編も予定されているといいますから、あまり低視聴率が続くようでは、まずいと思っているでしょう。一部のドラマファンからは『家庭を守れないやつに何を守れるんだ』『皆の足をひっぱるな』など、〝ニオわせ〟のセリフをふんだんに盛り込んでウケ狙いに徹した方がいいのでは、などといった意見も上がっているようです」(同・記者)

果たして来週の視聴率がどう変化するのか。大いに注目したい。

 

【あわせて読みたい】