宮迫博之“たった5日”でユーチューバー圧倒的な勝ち組に!

宮迫博之

(C)まいじつ

芸能活動を休止中の『雨上がり決死隊』宮迫博之が1月29日から始めたYouTube動画が大ヒットし、本人が〝勝ち名乗り〟を上げていると話題になっている。

2月2日に投稿した動画『【暴露】レペゼン地球の質問にNGなしで答えてたら放送事故に。。。』では、アンチに対して「司会ばかりして何も面白くないとかけっこうあったりするわけ。待てと、司会にたどり着くまでにやったことさかのぼってくれと、ひな壇もコントも全部やった。全部そこで勝ち上がってここに座ってるってことをなんで分かってくれへんの?」と強気の発言。また、自身の給料に関しては「これ以上、カネカネ、にはならない。やりがいのある番組に出会えるとか、やりがいのある仲間と一緒に仕事できる方が、一番の幸せになってくる」と、お金には固執していないことを明らかにした。

視聴者からは、

《やっぱ売れっ子芸人だけあるな。動画でもきちんとまとまりがある。すげー》
《すっかり人気ユーチューバーだな。テレビ出られなくなってもやっていけそう》
《自業自得な部分はあるけど、応援したいな。これからも頑張ってください》
《良い評価がうなぎ上りだな。もう世間は許してるんじゃね?》

など、好印象の声が広がっている。

「宮迫のYouTubeデビューに関しては、当初は批判の声が大きかったのですが、今では徐々に支持の声が広がっているようです。また、現在まで5本の動画が投稿されていますが、どれも軒並み視聴回数100万回を超える大ヒットとなっており、特に最初の動画は432万回にも上っています。本人にしてみれば、仮にテレビへの復帰が長引いたとしても、ユーチューバーとしてやっていけると確信したんじゃないでしょうか。今さら好感度を上げようと思わず、業界の裏話をバンバン暴露すれば、年収億超えもいけると思いますよ」(ネットメディア編集者)

 

ネットユーザーに訴求して逆転を狙う

とはいえ、アンチからの厳しい声がなくなったわけではない。

《確かに今は勢いあるけど果たしていつまで続くかな》
《坂口杏里コース確定したな。これからは炎上芸人としてやってくんじゃね?》
《謝罪会見では弱気だったくせに、動画ではやけに強気だな。まぁ、二度とテレビには出てほしくないわ》
《炎上アオリ芸までに落ちぶれたのか。悲惨だなー》

など、哀れなものを見るように厳しい言葉が投げつけられている。

一部の業界関係者からは「復帰を諦めて、むしろテレビを〝敵〟に見立てた方が、ついていくファンは多い。実はユーチューバー向きかもしれない」という声も聞こえてくる。

批判を応援の声に変えた宮迫。瀕死状態からの一発逆転は目前だ。

 

【あわせて読みたい】