工藤静香“トイレに飾った花”がヤバ過ぎる…「運気下がりそう」

工藤静香

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

歌手の工藤静香が1月31日、自身のインスタグラムを更新。自宅のトイレに飾った〝枯れ気味〟のチューリップを公開したところ、ネット上ではツッコミの声が続出してしまった。

「工藤といえば、その独創的な料理ばかり注目を集めることが多いですが、実は根っからの〝お花〟好き。インスタでも、自宅で栽培したガーベラやレモンバーベナなど、さまざまな種類の花をアップしています」(芸能ライター)

そんな工藤は、自宅のトイレにチューリップを飾ったようで、《チューリップは飾っていて一番楽しいお花かもしれない 水を吸い上げ、茎の伸びる感じがたまらない》などと、白色や赤色のチューリップを収めた写真を公開。タイル張りのトイレの壁の前に、白色のシンプルなフラワースタンドで、チューリップの色味を生かしたものとなっている。続けて、《もう短くなるまで何日も楽しんだ花は、毎回トイレに飾ります》と説明し、《何だかホッとしますよ! 是非お試しください》と、枯れ気味の花をトイレに飾ることをファンにおすすめするのだった。

 

「事故現場に飾ったような花…」

この投稿に対し、コメント欄では、

《なるほど 真似させていただきます》
《チューリップはみんなに愛されてる花だから》
《ついついトイレは造花ばかりなので今度からはやってみます》

などと、ほっこりする声が寄せられている。しかし、某匿名掲示板では、

《シナシナ…》
《運気下がりそう》
《なぜ自信満々でインスタに上げられるのかが分からない》
《何で何日も楽しんだチューリップをインスタに?》
《事故現場に飾ったような花…》

などと、工藤のセンスを理解できない声が続出。また、トイレのタイルの溝にカビが生えていることに対して、

《タイルのスジにはカビが生えてるし…清潔ゼロでこれはヒドいわ》
《目地が黒いね》
《木村家のトイレ、臭そう…》

などと〝ネット姑〟のような指摘を入れる声も多く上がっている。

夏でもブーツを履いたり、ソロデビュー32周年を記念したインスタ写真で〝しわしわ〟のTシャツを着用したりと、いろいろと〝無頓着な〟工藤。ファンはそんなところも含めて応援したくなるのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】