リア・ディゾン“セクシーお母さん”に呆れ声…「33歳でこれはイタい」

リア・ディゾン 

(C)まいじつ

タレントのリア・ディゾンがインスタグラムを更新。往年のグラビアを彷彿とさせるセクシー写真を公開したところ、ネット上では呆れ声が続出してしまった。

2008年にスタイリストと〝できちゃった婚〟、09年に女児を出産、10年に離婚と、激動の時を過ごしたリア。一時はニューヨークで長女を育てていたようだが、昨年から日本で音楽活動を再開。7月にミニアルバムをリリースするなど、精力的に活動している。

そんなリアが、2月3日にインスタを更新。《誰が私のバレンタインになるの?》という少々拙い日本語文とともに、短パンから太ももをさらけ出したセクシー写真を投稿した。(現在は削除済み)

身体をくねらせて舌をペロッと出し、まるで誘っているかのようなリアの過激ショット。現在33歳で、小学生の子どもがいるとは全く思えない若々しさに、ファンからは、

《相変わらずカワイイ!》
《これは反則》
《リアちゃんに食べられてみたい》

など、興奮の声が多く上がった。

 

「きれいなんだからイタい方にいっては…」

しかし、ネット掲示板では〝母親・リア〟のあられもない姿に、

《母ちゃん何やってるの?》
《33歳のおばさんが何してんの?》
《きれいなんだからイタい方にいってはならぬ》
《きれいな人だと思うけど、33でこれはイタい お子さんもいるんだし、やめた方がいいよ…》
《恥ずかしい…》

など、呆れや哀れみの声が上がっている。

「リアは日本で活動を再開して以降、定期的にセクシー写真を投稿。昨年は谷間を見せつけるような写真も公開していましたね。〝もうおばさん〟という声もありますが、33歳ならまだまだ若い。36歳の磯山さやかや、37歳の熊田曜子が活躍している日本のグラビア界ならば、まだまだ十分に需要があるでしょう」(芸能記者)

〝黒船襲来〟と騒がれたころのような再ブレークに期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】