人気声優・内田彩が“オタク”にブチギレ!「これだからキモイなぁ」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

TVアニメ『ラブライブ!』や『けものフレンズ』など数々の人気作に出演する声優・内田彩が1月30日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ『内田彩のもっともっとキミを道ズレ!』に出演。一部ファンの〝いき過ぎた行動〟に「キモイ」などと暴言を吐いたことで物議を醸しているようだ。

コトの発端は、内田が1月10日に更新したブログ。お正月に、自分で組み立てるタイプの商品を購入したという内田は、《これが大活躍したよ~♪》というコメントとともに『Q-pot.』の工具セットを紹介。チョコレート色のドライバーにビスケット型のメジャー、ケースは板チョコ風と、『Q-pot.』感満載のアイテムとあって《工具なのにかわい過ぎるんだー!》とお気に入りの様子。

実はこの工具セット、〝ある雑誌〟の付録だったようで、内田は《何年も前に雑誌の付録に付いているのを見つけて、一目惚れしてこれ欲しさに雑誌を買ったの~!》と、付録目的で購入したことを明かしている。

「〝ある雑誌〟とは、『プロポーズされたらゼクシィ!』でおなじみの結婚情報誌『ゼクシィ』です。内田はあえて雑誌名を明かしていませんでしたが、ネットのオタクたちはすぐに特定。2016年5月に発行された号だと分かると、一部ファンたちから『2016にゼクシィ買って結婚するつもりが頓挫したんやろ』『内田彩さん、ゼクシィにおわせをしているらしいね』などといった声が上がることに。今回のラジオでも、放送前からコメントで『ゼクシィ声優と聞いて』『ゼクシィ見に来た』などと揶揄の声が投稿されていました」(エンタメ誌ライター)

 

「キモいやつ相手の職業やからしゃーない」

そんな声を受けてか、内田はラジオで開口一番「んー、そうだねえ ゼクシィのオマケって書くと、何かうるせえ奴らがいるなあと思ったから、わざわざ書かなかったのに。誰かが調べて『ゼクシィ買ったんすね』みたいに、何か、言われたんだけど」と自ら言及。続けて「これだからキモイなあ。ブログなんて書くもんじゃねえなあって思ったよね。あーたいへんだたいへんだー」と愚痴を連発。「もうブログなんて書かねえよ、もう。書くことないもーん。だから、プライベートの何かとか絶対もう載せなーい! きもーい」「あー絶対プライベートなこととか書かない。SNSなんかに載せないわあ。仕事のことしか書かないことにするわ」などと、笑いながら不満を爆発させた。

内田の口調は終始、冗談のようだったが、一連の発言に対してネット上では、

《実際言ってるうっちーはかわいかったけど言ってる内容も本心だろうからねぇ》
《これだからオタクは デリカシーのなさは最強だと思う》
《キモいやつ相手の職業やからしゃーない》
《で、ゼクシィ買った理由は何よ? たまたま買うような雑誌やないやろ 隠してたってことは後ろめたいことがある証明だと思うけど》

など、さまざまな反応が上がっている。

今年の抱負に「ブログ更新」を掲げていた内田。今回の件で、更新が遠のいたことは間違いなさそうだ。

 

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】