有吉弘行が宮迫博之に“強烈皮肉”!? 「ユーチューバーだからね!」

有吉弘行 

(C)まいじつ

松本人志や相方の蛍原徹など〝恩人〟の忠告を無視してユーチューバーデビューした宮迫博之。あまりにも自己中心的な暴走ぶりに、後輩の有吉弘行まで痛烈な皮肉を放っていた。

宮迫は去る1月29日にユーチューバーデビュー。しかし、そのタイミングが後輩『ロンドンブーツ1号2号』田村亮が記者会見する前日というぶつけ具合。これに松本や岡村隆史、加藤浩次らが苦言を呈していた。

そして2月2日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)でのこと。有吉はこの番組へゲスト出演してくれるタレントを探すトークの中で、宮迫に触れた。

「宮迫さんは来てくれないだろうしね。今、ユーチューバーになっちゃったから」とコメント。これにラジオアシスタントを務めている『デンジャラス』安田和博が「いや、呼べば来るでしょ」とツッコむと、有吉は「呼べばって…、ユーチューバーだからね!」と、やたらと宮迫が〝ユーチューバー〟であることを主張する。

続けて「ラジオとユーチューバーとテレビと舞台って、全然違うでしょ。すみ分けがあるじゃない」「あれだけユーチューバー!って言ってて…」など、再度ユーチューバーを強調。さらに宮迫がさまざまな有名ユーチューバーたちとコラボしていることを受けてか、「俺、(宮迫を)呼んで面白くする自信ない。YouTubeみたいなイジリできないもん」「ユーチューバーみたいなのできないからねぇ」と、ポツリとつぶやくのだった。

 

「もっと顔を立てるところがあるだろ」

その直後、今度は亮の話題に。「亮さんはもう大丈夫っぽいね」と前置きした上で、「でも、まだこのラジオ呼ぶってわけにはいかない。だって、『どこで復帰してるんだよ!』ってなるでしょ? 『もっと顔を立てるところがあるだろう』って」と語ると、安田は「ロンハーとかあるしね…」と同調するのだった。

「このラジオから、有吉が宮迫に大きな不信感を抱いているのが分かります。まず、ユーチューバーに転身したことに皮肉を放ち続けた上、事実上の〝距離を置く〟宣言。さらに、亮の話題のときのコメントですが、『どこで復帰してるんだよ!』『もっと他に顔を立てるところがある』は、明らかにYouTubeで復帰した宮迫への皮肉でしょう」(芸能記者)

ネット上でも有吉のコメントには、

《有吉って皮肉うまいよな》
《くっそ馬鹿にしてて草》
《亮に言ってるように見せかけて宮迫ぶっ刺しにいくの草》
《これ、完全にテレビ戻ってこんでええぞって言っとるよね》

などといった声が上がっていた。

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)から再ブレークした有吉だが、もはや宮迫は恩を感じる人でもないようだ。

 

【あわせて読みたい】