宮迫博之YouTube“ヤリマン女優”暴露のクズっぷりにドン引き…

宮迫博之 

(C)まいじつ

1月29日のYouTubeデビュー以降、人気ユーチューバーとのコラボを続々と行っている『雨上がり決死隊』の宮迫博之。話題作りに必死な姿からは〝芸能界復帰〟への並々ならぬ意欲が伝わってくるが、あまりの必死さに〝言行不一致〟をしでかしてしまった。

2月2日、宮迫は登録者200万を誇る人気ユーチューバー集団『レペゼン地球』とのコラボ動画をアップ。《【暴露】レペゼン地球の質問にNGなしで答えてたら放送事故に。。。》というタイトルで、メンバーからの質問に何でも答えるという企画を行った。

「レペゼン」メンバーはいかにもチャラついた若者というノリで、「芸能人同士がいい感じとか聞くんすか?」「あいつヤリマンとか」「ウワサでいいっす!」と宮迫に質問。すると、宮迫は「これウワサやけど」と前置きした上で個人名を挙げ、動画上は口元と音声が隠されていたものの、女優だというヒントが出される。

宮迫が「スゴい何人にも聞いた。〝ド変態〟やって」と続けると、「レペゼン」は手をたたいて大はしゃぎしながら「いーなー!」「それっぽい!」と大興奮。さらに、宮迫は「好きな人のウンコ食うって話聞いて、『うわぁすげぇな!』って」と同女優の爆弾的なウワサを暴露し、「その話を聞いた翌日ぐらいにゲストで来たときに…」と、さらなるヒントも明かしていった。

 

ウワサや憶測が嫌で番組まで降板したはずでは!?

個人名は伏せられていた上、「ウワサやから、あくまでホンマかどうかは分からへんけど」とのフォローも入れられたこの暴露話。しかし匿名とはいえ、動画を盛り上げるためユーチューバーに芸能人の秘密を売る行為からは、宮迫のなりふり構わぬ必死さが伝わってくる。

さらに、かつての宮迫は、こうした〝ウワサ話〟を嫌う男らしい面をアピールしていたため、それを破った点も必死さを強調させている。

「2018年3月、宮迫はレギュラーを務めていた『バイキング』(フジテレビ系)を卒業した理由について、『しんどいから』と降板は自らの意志であることを語っていました。同発言は卒業5カ月後に放送されたラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で飛び出したのですが、宮迫は『プライベートでも〝憶測でそういう人のこと言うてあげんな〟って言ってしまうタイプが、そんなもの(ワイドショー)の司会やったらアカン』と告白。芸能人のスキャンダルやウワサ話について、テレビはおろか、プライベートでも話すことが好きではないと明かしていました。そんな発言を翻して〝単なるウワサ話〟を動画のネタにしたのですから、いくらテレビ復帰の足掛かりにYouTubeで実績を作りたいとはいえ、必死過ぎだしカッコ悪いし…。どこまでも自分本位と断じざるを得ませんね」(芸能ジャーナリスト)

そもそもの発端となった闇営業騒動では、自身の嘘が原因であそこまでの大ごとに膨れ上がったはず。言葉の重みも痛感したと思われたのだが、どうやら何も響いていなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】