ギャル曽根“ご当地グルメ食リポ”に批判「ただの腹満たしやん」

ギャル曽根 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

タレントのギャル曽根が、2月9日放送の『バナナマンのせっかくグルメ!!』(TBS系)で食リポに臨んだ。この日も豪快な食いっぷりでお茶の間を沸かせたが、注文方法を巡り批判する声も出ている。

ギャル曽根は石川県の金沢で、道行く人に名店を聞き出すことに。「おでんを食べに行くべき」と聞き付け、勧められた店を目指す途中にその店で食べて来たばかりだという老夫婦と合流。連れて行ってもらい、撮影交渉して入店した。

老夫婦はギャル曽根のことを知らない模様。店内にいた他のお客さんから「めちゃくちゃ有名」「プロレスラーぐらい食べる」と聞くと、興味深げな表情に。「おうおう、なんでも頼め」と促され、ギャル曽根は注文していった。

 

「大食いが見たいわけではないんだがな」

「昆布と、たまごと、赤巻き と、さつま揚げ、厚揚げ、焼き豆腐、ふかし…」と頼み始めると注文が止まらず、周囲は苦笑い。出てきた17種19品をペロリと平らげると、老夫婦は拍手しながら歓喜していた。

この日もギャル曽根の豪快な食べっぷりに視聴者は大喜び。一方で、際限なく注文したことに呆れ声も。

《せっかくグルメにギャル曽根さんの大食いっていらないと思う》
《何かいやだなと思ってしまうのは教えてもらったものを頼むのではなく勝手に食べたいもの食べちゃうからだな》
《大食いに時間をかけるならお店やグルメをもっと紹介したり面白い話に時間をかけてほしい》
《毎回毎回大食いするだけの代わり映えのない映像は見たくない》
《嫌いじゃないけど大食いが見たいわけではないんだがな》
《ギャル曽根が食べるとうまいものも、ただの腹満たしにしか見えないやん》

この日は別の店でアンコウの刺身を食べたが「しょう油をつけすぎ!」との声も飛んでいた。ギャル曽根は多くのアンチを抱えているようだ。

 

【あわせて読みたい】