延期から丸2年! 小室圭氏の“抗議行動”に呆れ声…「全く反省してないね」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚問題について膠着状態が続いている小室圭氏が、複数のテレビ局に対して抗議をしていたことを『週刊文春』2月20日号が報じている。

記事によると、昨年12月8日に『Mr.サンデー』(フジテレビ系)で三田友梨佳アナが「小室さんサイドが借金問題については解決済みであるということを文書で発表したとの発言が出演者からありました。しかし、これは誤りで、そうした主張はありません」と頭を下げた件や、『あさチャン!』(TBS系)や『バイキング』(フジテレビ系)でもほぼ同様の訂正がなされた裏には、小室氏の代理人である上芝直史弁護士から強い要請があったからだそう。

問題視しているのは各番組が、昨年1月に小室氏が出した母親の金銭問題に関する説明文書の中の「(母・佳代さんと元婚約者の金銭問題は)解決済みの事柄であると理解」という部分ばかりを強調した点だという。

代理人は「それはあくまでも当時の認識を示しただけ」と言い、「むしろ説明文書の核心は、その後の〝今も感謝しており、今後は元婚約者からご理解を得られるように努めたい〟にあるのに、そこを報じないのは完全な誤報だ」と主張している。しかも「あのような放送は名誉毀損で不法行為にあたる」と、謝罪と訂正を要求したと報じている。

 

そろそろ何らかの発表がある?

テレビ局は『文春』の取材に対して、訂正と謝罪の申し入れがあったのは事実と認めているという。

この記事が『文春オンライン』に掲載されると、匿名掲示板では、

《ならちゃんと出てきて説明したらええやんー。マスコミめっちゃ集まってくれて、ノーカットで放送してくれるよ笑》
《こういうことだけは主張してくるんだね。他はだんまりのくせに》
《文句があるなら1日も早く借金返せばいいのに、先に謝罪させようとするとか、全く反省していない証拠ですね。性根の悪さがうかがえます》

などといった厳しい声が上がった。

眞子さまの父である秋篠宮さまは、昨年11月30日の誕生日に際しての記者会見で「この次の2月で2年たつわけですね――何らかのことは発表する必要があると私は思っております」と述べていたのだが…。

 

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】