小林麻耶“SNS誹謗中傷”に真っ当意見も批判声「お前が言ってもねぇ」

小林麻耶 

(C)まいじつ 

TBS系朝の情報番組『グッとラック!』2月13日放送回が、著名人へのSNS上での誹謗中傷を特集し、大きな話題になっている。

番組では、ブログに「死ね!」と何度も脅迫された闘病中のタレント・堀ちえみを取り上げ、MCを務める落語家の立川志らくは、「有名税だと諦めろという方がいますけど、芸能人だってみんな人間ですからね、結構繊細な人が多い。傷つく人はたくさん傷ついている。誹謗中傷というのは、言ってみりゃ、便所の落書きみたいなもんじゃないですか。それを人んちの壁に書きに来てるっていうこと。そう思えば、とんでもない犯罪」などと怒りをあらわにした。

また、同じような経験があるという元TBSアナウンサーの小林麻耶は、「妹が亡くなって、自分の気持ちがすごく落ち込んでいる中で『お前が死ねば』とか、『お前ががんになれ』とかっていうコメントが届くと、気持ちを保てなくなるんですね。今のように元気に仕事ができているときに、そういうコメントが来ても落ち込むことはないですし、『何か悪いことがあったのかしら』って受け止めることができるけど、その時々の精神状態がある。心が傷つく以上に、もしかしたら命を奪ってしまうかもしれないって思う。それくらい本当にひどいことだと思います」などと、自身の体験を語った。

 

正論だが小林麻耶に言われると…

ネット上では共感の声が集まる一方、何かとお騒がせエピソードの絶えない、志らくと小林がコメントしたことで、反感の声もチラホラと聞こえている。

《芸能人って人気のあるときはプライベートまでウリまくるくせに都合が悪くなると文句を言う。自分勝手だな》
《さすがに『死ね!』はあり得ないが、有名税は当然だと思う。いいことばかり享受しようとするなよ》
《小林麻耶 オマエが言ってもねぇww 芸能界引退するって言ったくせに何簡単に戻ってんだよ》
《気になるならネットなんか見なければいいのにエゴサーチでもしてるのかw》
《SNSやってればアンチが湧くのも当然だろ 嫌ならやめろ》

「ネット上での誹謗中傷は犯罪行為ですから、問答無用でダメなことに変わりはありません。ただ、『今後は大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います』と、芸能界引退宣言をしたにもかかわらず、1年もたたずにシレっと復帰宣言した小林に対しては、厳しい声が殺到しています。おそらく自分がなぜ誹謗中傷を受けるのか、よく理解していないのでしょう。こんな調子では今後もバッシングを受けるのは火を見るより明らかでしょうね」(芸能記者)

いわれなき中傷を受けるのを避けるために、あえてSNSをしないという著名人は多数いる。〝かまってちゃん〟気質の小林には、到底たどり着けない考え方なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】