宮迫博之に戻る場所なし…『アメトーーク!』“ハズレ回”の原因判明!

宮迫博之

(C)まいじつ

ユーチューバーとなってテレビ界から離れた『雨上がり決死隊』宮迫博之。本人は「戻らなあかん場所がある」とテレビ界への復帰を目標としているが、世間では待望論などない模様。なぜ、ここまで宮迫が〝不要〟とされるのか、それには〝お笑いコンビのバランス〟が関係しているようだ。

宮迫が過去にMCを務めていたトーク番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、現在、相方の蛍原徹と週替わりゲストがMCを担当。宮迫の不在など一切、痛手になっていないほど、番組はスムーズに進行している。

「お笑いコンビがMCをする際、通常はツッコミが進行役を、ボケが盛り上げ役をします。『ダウンタウン』『爆笑問題』『くりぃむしちゅー』などは、まさにこのやり方ですね。ゲストがイマイチでも、ボケの奮闘によって番組を面白くすることができます。しかしその一方で、『雨上がり』はどちらも進行役。宮迫はボケにもかかわらず、蛍原が務める進行役にしゃしゃり出てきていたので、もともと番組に不要だったのです」(テレビ雑誌編集者)

その結果、『アメトーーク!』は放送回によって、「今日はハズレだ」と評されることも多々あった。宮迫が本来の役割をすれば、〝ハズレ回〟となる確率はグンと減ったはずだ。

 

「今かんだやろ!」とやるだけの仕事

「ハズレ回のとき、宮迫はその責任をゲストになすりつけ。自分はあくまで〝進行役だから〟という顔をします。その一方で、現在の形式になった『アメトーーク!』では、蛍原が進行に専念し、もう片方のゲストMCがボケを織り交ぜつつ盛り上げる。ある意味、これが本当の〝コンビ芸人〟の姿。宮迫に待望論が上がらないのはこのせいでしょう」(同・編集者)

『ウッチャンナンチャン』は両方とも〝進行役〟的なコンビだが、だからこそコンビ出演は極めて少ない。それぞれが番組を持ち、1人でMCをしている。また、コンビ出演した場合は、どちらかがボケに回るなど、見事なコンビネーションを披露している。

「YouTube動画で宮迫は、『アメトーークは出てる演者を面白くしてあげないと! というプレッシャーがあった』と明かしていますが、やっていたことはトーク中にかんだ演者にしつこくツッコむくらい。〝かんだ〟イジリは芸人界でも低レベルのイジリとされており、『南海キャンディーズ』山里亮太は、ラジオ番組で『「かんだ!」って言って仕事したと思ってるヤツらが大嫌いです』と話していたこともありました」(芸能ライター)

やはり宮迫に戻ってくる場所はなさそうだ。

 

【あわせて読みたい】