大ブーム『鬼滅の刃』に速攻便乗!? 芸能界にも“にわか”急増中か

みちょぱ 

(C)まいじつ

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気漫画『鬼滅の刃』の19巻が、2月17日付オリコン週間コミックランキングの週間売り上げ137.8万部で1位を獲得した。週間売り上げ100万部超えは『ONE PIECE』『進撃の巨人』に続き、同ランキング史上3作目だ。

同漫画は、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)氏作によるダークファンタジーで、2016年からスタート。大正時代の日本を舞台に、主人公の少年・炭治郎が、家族を殺した鬼を討ち、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すために〝鬼狩り〟の道を進むストーリーだ。

「ヒットを加速させたのが、昨年4月から2クールにわたって放送されたテレビアニメです。その圧倒的なクオリティーの高さが瞬く間に評判になり、アニメファン以外にも火がつきました。実際、コミックスもテレビアニメ放送前の3月に比べて、4月は約5倍の売り上げを記録。アニメ終了後の10月には、何と20倍にも達しています。久しぶりの大型漫画の登場で、コミック業界のみならず、アニメ業界にも、さらなるムーブメントが起きることを期待する声があふれかえっています」(アニメ制作関係者)

流行に敏感なコンビニ業界では、早くもローソンが『鬼滅の刃キャンペーン第2弾』を展開中で、クリアファイルを予約販売している。第1弾が先着順で早期に品切れとなったことから、予約販売に切り替えての登場だ。

 

ヒットに便乗するにわか芸能人も

一方〝鬼滅ファン〟に名乗りを上げる芸能人も続出中だ。タレントの有吉弘行は、自身のツイッターで「頑張れ竈門炭治郎!!」と主人公を応援するメッセージを投稿。モデルのみちょぱも「いろんな人に勧められてた鬼滅の刃についに手を出してしまった、、、こりゃあ寝れないぞ~」とツイートするなど、芸能界にも広がりを見せている。

「女性アイドルグループ『IZ*ONE』の宮脇咲良は、ラジオ番組で『どうしても(登場人物の)禰豆子になりたくて〝その髪色にさせてください!〟って、50回ぐらいスタッフさんにお願いしているんです。なれるか分からないけれど、禰豆子になりたい』と発言し、実際にキャラクターと同じ髪型にしています。もっとも、ヒットに便乗した〝にわか〟の芸能人ファンも多数いますから、すべてが本当だとは限りませんけどね」(エンタメ誌記者)

実際、漫画が大ヒットしていると聞いて、コミックを購入したのはいいが、「思ったより面白くない」という人も多いのだとか。特にシャンプ黄金時代を知る中高年には「物足りない」といった声も広がっている。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの『鬼滅の刃』だが、興味のある方は周囲の声に惑わされずに、まず自身で一読してみてはどうだろうか。

 

【あわせて読みたい】