渡辺麻友に“引退”報道…「AKBに戻りたい」ウワサの真偽

渡辺麻友

(C)まいじつ

元『AKB48』の渡辺麻友に、突如「引退」の報が流れた。2月16日、音楽特番『UTAGE!』(TBS系)のアシスタントMCを、病気を理由に欠席。彼女は昨年9月、ファンクラブも運営休止している。

「AKB時代からアイドルに対しての思い入れは人一倍でしたから、〝曲がり角〟を意識していたことは確かでしょう。とはいえAKBを辞めてからも、それなりに仕事は恵まれていました」(AKBライター)

2017年でAKBを卒業。18年には、ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』(フジテレビ系)に主演。昨年はNHK連続テレビ小説『なつぞら』にも出演するなど、女優として地歩を固めつつあった。

「パッと名前が浮かぶレベルではありませんが、女優として確実に進歩していたと思います。『なつぞら』は、テレビ小説100作目の記念作でした。そのキャストに選ばれたというのは、女優としてそれなりに買われていた証拠です」(同・ライター)

現在は大手の芸能事務所に所属。ワガママを言わなければ、そうそう食いっぱぐれはない。

「気になるのは、ファンクラブの休止ですね。ファンクラブはファンとのつながりの場であり、収入源。それを中断しているというのは心配です。ファンクラブは事務所を辞めない限り、続けるものです」(芸能ライター)

 

ソロ活動には向いてない?

渡辺が思い悩んでいるとすれば、一体何だろうか…。一説にはAKB時代からの仲良し、柏木由紀の存在があるという。

「去年以来、柏木はAKBグループ在籍最年長記録を作るというので注目を集めています。大した仕事がなくても周囲が騒いでくれる柏木を、渡辺がうらやましく思っているという話があるのです。17年に惜しまれてAKBを辞めたものの、思いとは違った活躍しかできていないと感じているのかもしれません」(前出のAKBライター)

渡辺はAKB時代からアイドルに徹し〝男作らず〟の神経質な性格だといわれてきた。

「ノー天気な柏木の様子を見て、くすぶっていた未練が再燃した可能性がありますね。現実性はないものの、できることならAKBに戻りたい、みたいな…。AKBなら黙っていてもグループの看板だった。神経質な彼女にはソロがキツイのかも」(前出の芸能ライター)

もし本当に引退となったら、実にモッタイナイ話だ。

 

【あわせて読みたい】