本仮屋ユイカ“脱ぎまくり”写真集が実用度抜群!「ヌかなきゃ失礼」

本仮屋ユイカ 

(C)まいじつ

女優の本仮屋ユイカが、バレンタインデーの2月14日に最新写真集をリリースした。

今作のタイトルは、インドネシア語で「かわいい」や「美しい」を意味する『CANTIK』。水着姿や谷間・尻・ヘソのアップが満載だった〝実用度〟の高い前作から3年ぶりのリリースであり、自身がプロデュースを務めた30代初の写真集でもある。

1月下旬発売の週刊誌『FLASH』では写真集の先行カットがグラビア掲載され、《大人な艶肌》とセクシーなフレーズが並び、わずかにハミ出た尻肉からは否応ない期待感が。そしてその期待通り、ついに発売された写真集には、セクシーなランジェリーや水着、裸風のショットなど、前作に勝るとも劣らない実用度を誇るページがズラリと並んでいた。

 

「たわわに実った最高傑作」と本人も太鼓判!

「オカズどころか豪華ディナー状態の1冊ですが、15日に行われた発売記念イベントにて、本仮屋本人は『コンプレックスが胸なんですけど…』と謙遜していました。思わず心の中で『そんなことないよ!』と言い掛けると、直後に『たわわに実ることに成功しました。みんな褒めてくれる。初めて〝胸〟と言える』とコメント。今作ではバッチリ強調できたと明かし、続けて『最高傑作』『2億点満点』と自ら太鼓判を押しています。ヌキどころ満載だと自信を持ってオススメしており、出来栄えには文字通り胸を張っているみたいですね」(芸能ライター)

ネット上でも、イベントの様子や公開カットに対しては、

《定期的に自ら脱いでくれる女優》
《限りなく「清純派」の正解に近いルックス》
《この子ほんま最高》
《こんなん買うしかない》
《どうコンプレックスなんですか?》
《下着ブルーレイでたら箱買いする》
《これはヌかなきゃ失礼》

などという声が上がるほど大好評。多くの男性にとって、女神や天使のような存在であることが分かる。

自らセクシーショットに挑戦し、「たわわに実ることに成功しました」「みんな褒めてくれる」「最高傑作」など、公認でお墨付きまで与えてくれた本仮屋。発売日はバレンタインデーだったが、読者にとっては濃厚なホワイトチョコがたぎる一月早いホワイトデーとなったことだろう。

 

【あわせて読みたい】