原田龍二が座敷わらしと遭遇!? ‟撮影成功”も「スタッフやり過ぎww」

原田龍二

(C)まいじつ

2月19日放送の『世界の何だコレ!? ミステリー』(フジテレビ系)で、原田龍二が座敷わらしの存在を確かめるロケに臨んだ。次々と起こる怪奇現象に原田は胸を躍らせていたが、視聴者からは「仕込みでは」と疑う声が相次いでいる。

「原田龍二の座敷わらし調査」はこれが第16弾。この日は静岡県内の蔵を改装したカフェを訪問。オーナーは不思議な現象が起こるといい、遭遇した客には幸運な出来事が訪れたと証言。原田はオーナーの許可をもらい2泊することになった。「楽しみ」と口にしながら2階部分に居座った原田は、座敷わらしのおもちゃを持ち込むなど用意周到。天井方向を向きながら、「ここは居心地がいいんだってね」「一緒に遊んでくれますか」と話し掛けるなど座敷わらしを〝誘導〟した。

すると、天井から「コン、コン」と2回ノック音が響いた。天井を指さし、座敷わらしらしき存在に気付いた原田は「外にいるなら入ってきて」とさらに誘導。すると「カタン、コン」と再び音がした。

 

「オーブ(たまゆら)の吹雪だよ」と興奮

「楽しくなってきたぞ」と、原田は興味津々の様子。深夜にはスマートフォンと椅子を置き、YouTube動画の撮影ごっこを開始。するとスマートフォンとは別のカメラが、原田の頭の影から白い物体が浮き出る様子を捉える。さらに原田がスマートフォンを横向きにして周囲を撮影すると、画面上に白い球が飛び交っているように見えた。原田は「吹雪だよ。オーブ(たまゆら)の吹雪だよ」と興奮した。

2日目も、原田とスタッフが休憩中に、置かれていた紙風船が動く様子を複数のカメラが捉えた。しかし視聴者は、紙風船は座敷わらしの仕業ではなく、風で動いただけと指摘。原田が撮影したという〝吹雪〟も、ただのホコリなのではと疑う声が続出している。

《隙間風だよ》
《白いのはホコリじゃ?》
《これさすがにスタッフやり過ぎだろwww》
《オーブという名のホコリ》
《合成にありがちな不自然に滑らかな動きをする影www音や風船もレベルの低い仕込みか》
《屋根コンコンやったり異物を映り込ませたり、もうこれ思いたくないけどスタッフがやってるとしかw》
《心霊現象…ヤラセにも度があるわ》

座敷わらしと実際に対面しなければ、視聴者の疑いは晴れそうにない。

 

【あわせて読みたい】