佐藤健は“ブス専”なの!? 『恋つづ』新ヒロインは上白石萌音といい勝負!

恋はつづくよどこまでも

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

2月18日、女優の上白石萌音が主演するTBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の第6話が放送された。新たに〝恋のライバル〟が登場したのだが、ネット上では「ブス対ブス」などと辛らつな声が続出している。

同作の主人公・佐倉七瀬(上白石)は、5年前に偶然出会ったドクター・天堂浬(佐藤健)に一目ぼれ。彼を追い看護師となったのだが、憧れの天堂は、佐倉が思い描いていた人物とはまるで別人だった。超ドSな天堂に憤慨しつつ、仕事に恋に真っすぐな佐倉が、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく… というストーリー。

前回の第5話で、ついに天堂の彼女になった佐倉。しかし第6話では、天堂の亡くなった恋人・若林みのり(蓮佛美沙子)にウリ二つの姉妹、若林みおり(蓮佛美沙子・二役)が登場。彼女も医者として仕事をしており、天堂と佐倉の勤務する病院に転勤してくるという。

みおりは佐倉と違い、医者としてかなり優秀。天堂と息の合った様子を見て、佐倉は自信をなくしていく。さらにみおりは、天堂が佐倉と付き合っていることを知りながら、「私… あなたを好きになりました」と天堂に告白するのだった。

 

天堂先生気ののらない三角関係に苦しむ

こうして、2人の女性が天堂を取り合う展開になったのだが、ネット上ではこのダブルヒロインに対して、

《かわいいブスと美人なブス対決!》
《天堂先生ってブスとしか結ばれない宿命なの?》
《何かブスばっかりに好かれるね》
《タケルはブス専にも程がある。失望した》

などといった辛らつな声が上がっている。

「ドラマ放送開始時から、日本トップクラスのイケメン・佐藤健と、庶民的なルックスの上白石萌音が不釣り合いだという声が相次いでいました。そして今回出演した蓮佛美沙子も、決して美人女優の枠ではない。ちょうどライバル2人のルックスレベルが釣り合うようなキャスティングにしたのかもしれませんが、これでは佐藤健の美しさが浮き過ぎてしまいますね」(テレビ雑誌編集者)

〝面食い〟とウワサされている佐藤。邪念が生まれるスキのない仕事現場ではあるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】