『King gnu』がファンにブチギレ! “内輪ノリ”非難も特大ブーメランが…

(C)Ollyy / Shutterstock 

昨年末に『NHK紅白歌合戦』初出場を果たした人気バンドの『King gnu』。破天荒な言動でロックンロールを体現するボーカルの井口理が、自身のツイッターでファンに苦言を呈した。

2月19日、井口はツイッターで、《全然自由だろっていうのは前提として、MV出すとYouTubeコメント欄で大喜利が行われる文化なんなんだろ》と言及。『King gnu』のYouTube動画に対する〝慣習〟に対して疑問を投げ掛けると、続く一文で《内輪ノリだしまじで笑えたことない》と厳しくトーンを強めた。

井口はさらに、《音楽や作品を出汁にして、おまえのコメントのいいね稼ぎに使うんじゃねえ》《ふざけるのはおれのリプ欄までにしとけよ メリハリ》と、動画に対して無関係なコメントを投稿するファンを手厳しく批判。怒るように自制を呼び掛けたところ、およそ10万もの〝いいね〟を獲得する反響を集めた。

 

類が友を呼んだ結果…

大量の賛同により、時代を走るカリスマロックンローラーぶりをあらためて示すこととなった井口。しかし、一方では、

《コメント欄はユーザーのもので井口さんのこの発言には賛同しかねるわ》
《まあでも井口も同じようなことしてるんだからあんまり人のこと言えないよね》
《コメント閉鎖すれば済むよね》
《音楽番組でふざけるお前のキャラのせいだろ》
《ちょっと売れたらすぐこうなっちゃうのがバンドのダサさ》
《全世界に公開したんやし いろんなコメントが来るのは当たり前やないか》

など、多くの反対意見も招いてしまっている。

「井口は〝型にハマらない破天荒な自分〟に酔うかのごとく、突拍子もない振る舞いを繰り返してきました。その一例が、ツイッターで海外の有名人に送っているツイート。井口はオバマ前米大統領やジャスティン・ビーバーのツイートに、何の脈絡もなく自身のミュージックビデオを送りつけています。ツイートと無関係な動画を送りつけるなど、相手からすればうっとうしいことこの上ない。これこそ井口が批判した『大喜利・内輪ノリ・いいね稼ぎ』の無関係なコメントのはずですが、他人には厳しいようですね」(芸能ライター)

そもそも井口のファンは、こうした破天荒な言動に引かれた層がメインのはず。自分で集めたファンを批判するとは、同族嫌悪なのか、「こんな奴らがファン」だと思って恥ずかしくなったのか…。

 

【画像】

Ollyy / Shutterstock

【あわせて読みたい】