磯山さやか“ツーショット写真”が大反響!「婚約発表みたいww」

磯山さやか

(C)まいじつ

タレントの磯山さやかが2月19日、自身のインスタグラムを更新。《茨城県の大井川知事と荒磯親方と。茨城のブランド苺『いばらキッス』とブランド豚『常陸の輝き』どちらも本当においしいです》などとつづり、出身地である茨城県の観光アピールをした。

茨城県知事と荒磯親方とのスリーショットでは、親方に寄り添うように磯山が微笑んでおり、隣の親方も頬を赤らめ緊張した様子。写真を見たファンからは、

《いや、これマジで夫婦みたいじゃないか。すごくお似合いだよ》
《朗らかカップルだな。付き合ってないのかな?》
《磯山って意外と相撲部屋の女将さん似合ってるよね。この写真すごくしっくりくる》
《婚約発表みたいだなw そうなると知事は仲人か》

などと、大きな反響を呼んでいる。

 

全茨城県民の期待が高まる

「磯山は茨城県の水戸市生まれ、鉾田町で育ちました。一方、荒磯親方は同県の牛久市出身です。同郷ということで、県内のイベントなどでは何度か顔を合わせているようですね。2019年の初場所中に引退届を提出した稀勢の里は、現在、『荒磯』を襲名し、田子ノ浦部屋付き親方として若手の指導に当たっています。本来であれば今年の春に独立し、自分の部屋を持つ予定でしたが、中卒のたたき上げで学閥もないため、内弟子集めに苦労しています。また、それ以上に最優先課題なのが、結婚相手探しなのです。講演会のパーティーなどで女性と意気投合などすればいいのですが、真面目で不器用なため、それも難しい。ハキハキと積極的で明るい磯山なら結婚相手として申し分ないと思いますね」(スポーツ紙記者)

一方の磯山も今年37歳を迎える。過去にテレビ番組で結婚について聞かれた際は、「相手が健康であれば全然良いです」と発言しており、本人も結婚には前向きなようだが、なぜか浮いた話が1つも聞こえてこないことを不思議がるファンも多い。

「磯山は結婚相手の条件として、『理想を言うと、里帰りするときに地元じゃないところ行きたいんですよ。分かります? 何か相手方の実家っていうのが自分(の故郷)じゃないところ』と、語ったことがありますが、これは周囲へのけん制と見る向きもあります。実際に親方と結婚したら、地元は大盛り上がりするでしょうね」(同・記者)

磯山ファンにとってはヤキモキするだろうが、誰もが「お似合いカップル」と口をそろえるだけに、今後は結婚を期待する声がさらに高まりそうだ。

 

【あわせて読みたい】