大谷翔平“見た目”が不自然!? 「デッサン狂った絵」「キャプテン翼の体」

大谷翔平

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

爽やかなルックスと抜群のプロポーションで、女性はもちろん男性の憧れの的でもあるメジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平。日本時間2月20日にメジャーで話題となっているアストロズのサイン盗み問題について語ったところ、ネット上では〝大谷のカラダ〟に大きな注目が集まった。

大谷はこの日、キャンプでの練習後に囲み取材に応じ、サイン盗み問題について「相手投手の癖を盗むとか、配球を読むとかは努力の成果なので、もちろん素晴らしい」と前置きしした上で、「カメラとかを使ってしまうと、その時点で同じ状況下での試合ではないのでアンフェアになってしまう」と持論を展開。ファンからは「大谷らしい答え」と賛同の声が上がった。

その一方で、回答の内容よりも、このインタビューに答えたときの大谷の姿がネット上で話題に。

 

これで無加工とは…

大谷は黒のタンクトップを着用して登場したのだが、腕の筋肉はパンパンに盛り上がり、肩幅が異様に広くなっている。これにネット上では、

《なんちゅう体しとんや》
《デッサン狂った絵みたい》
《プロレスラーのゴム人形でこんなのあったな》
《何かサイズ感がおかしいな》
《キャプテン翼から飛び出して来たような体格だな》
《顔の大きさと肩幅がおかし過ぎて合成かと思ってしまうほど素晴らしい体格》
《あんなにかわいかった翔平が…》

など、驚きの声が上がっている。

「大谷の体型がおかしく見えるのは、大谷がかなりの小顔であることも影響しているでしょう。顔の横幅と肩幅の比率が、1:2以上だと小顔に見えるといわれていますが、大谷を見ると、1:4以上はありそうなのです」(スポーツ紙記者)

ネット上でも、

《小顔過ぎんねん》
《顔が相変わらず小さいのか体がデカいのか錯覚起こすわ》

など、小顔過ぎるとの声が上がっている。

何はともあれ、大谷にはメジャー3年目の大活躍を期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】