石橋貴明“ギャラ下げない”深い理由!「守銭奴」と罵倒されようとも…

石橋貴明

(C)まいじつ

『とんねるず』の石橋貴明がレギュラー出演する『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が6月末で打ち切りになると、一部週刊誌で報じられた。これによりついに地上波レギュラーがゼロになってしまう石橋だが、その裏には〝男気〟が隠されているようだ。

『みなさんのおかげでした』の終了後に、フジテレビが功労者への特別枠として用意したのが『たいむとんねる』だった。しかし視聴率は思うように伸びず、早々にアシスタントレギュラーのミッツ・マングローブをクビにするという経費削減へ。そしてついに〝割に合わない〟という理由で、番組そのものの打ち切りが決まったようだ。

「『みなさん』のころから言われていましたが、『とんねるず』はとにかくギャラが高額。『たいむとんねる』は深夜帯ということもあって抑えめではありましたが、それでも昨今のテレビ業界にとって石橋のギャラは高過ぎました。視聴率が取れていたならば幾分許されますが、制作費が高額だと、成功のハードルもおのずと高くなってしまいますからね」(芸能記者)

今回の報道に対して、ネット上では、

《まだ高額ギャラもらってたのかよ》
《いいかげんにギャラ抑えろよw》
《もう一生食える金持ってるんだろうしギャラ返上してでも続けりゃいいのに》
《数字に見合わない法外なギャラをもらって恬として恥じない老醜たるや》

などと、高額なギャラを取り続ける石橋を非難する声も上がっている。

 

石橋同様さんまもギャラダウンしない…

しかし実態は、少し違うようだ。

「最近の石橋は『とにかく暇だ』と語っており、わずかなギャラでも仕事するという熱意があります。その一方で、『自分がギャラを下げてはいけない』という使命感もあるようです。石橋は今や関東芸人の親玉的な存在で、関東のお笑いを強くしようと尽力中。そこで大事なのが〝芸人の立場向上〟。しかし石橋がギャラを下げてしまったら、後輩たちもそれに合わせてギャラを下げざるを得ず、結果的に芸人たちはテレビ局に搾取されるだけになってしまいます。そんな状況を危惧して、石橋は自分のギャラを下げないでいるのです」(前出の芸能記者)

このジレンマについては、明石家さんまも2016年に「オレはギャラなしでしゃべってもええねんけど、バランスを考えるとそうはいかない」「オレが『ギャラいらない』と言って出ると、後輩たちが『さんまさんがギャラ取ってないのに、お前らなんや!』ということになる」と語っていた。

大御所芸能人は、世間から「守銭奴!」と非難されようと、後輩たちのために黙って耐えているのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】