中居正広ジャニーズ退所と“もう1つ”の大決断! ついに結婚へ!

中居正広

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

元『SMAP』の中居正広が、30年在籍したジャニーズ事務所からの独立と同時に、もう1つの決意を固めたようだ。

「10年にわたって交際している振付師のTさんとの結婚を決めたようです。自ら『結婚不適合者』と公言していましたが、ケジメをつけるようですね」(ジャニーズライター)

昨年7月に恩人のジャニー喜多川氏が亡くなってから、ずっと独立説がくすぶっていた中居が、ついに動く。

「SMAPが解散してからもジャニーズに残った中居でしたが、ジャニーさんを除くと事務所のスタッフでまともにコミュニケーションを取れる人はいませんでした。ジャニーさんが亡くなった以上、残る筋合いはないということです」(ワイドショー関係者)

 

豪邸購入は同居対策?

独立は一大決意だが、既定路線とも言える。それ以上に人生を変える決断が結婚だ。中居は先日放送されたばかりのTBS系番組『中居くん決めて!』でも、結婚すると毎日、家で顔を合わせることに「気持ち悪い!」と言い放ち、既婚者からバッシングを浴びたばかり。それほど結婚に対して嫌悪感を持っていたのだが…。

「Tさんと別れたと報じられたこともありましたが、今も交際は継続中です。交際期間は10年にもなり、それだけ中居がTさんのことを大切に思っている証拠。結婚に否定的だった中居ですが、相手のことを考えて踏み出すことにしたようです」(スポーツ紙記者)

とはいえ、自宅では1人の時間を大切にする中居は、果たして結婚生活を全うできるのか――。そんな心配などご無用とばかりに、対策も立てているという。

「女性誌で報じられましたが、中居は改装費も含めて10億円以上するといわれているマンションを購入しました。広さは300平米もあり、2人で過ごすには広過ぎる。ですが、それが中居にはいいのです。キッチリと自分の空間を確保して、結婚して同居するも頻繁に顔を合わせなくてもいい住居にするつもりなのです」(同・記者)

アイドルという立場だと、何歳になっても結婚するとファンは離れてしまうが、さすがに中居に関しては祝福どころか、「よく踏み切った!」とファンも褒めてくれることだろう。

 

【あわせて読みたい】