木村拓哉“中居退所”を陰で祝福!? 隠れメッセージにファン感動

中居正広  木村拓哉

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

中居正広が3月末でジャニーズ事務所を退所するとの報道があった2月20日、木村拓哉が自身の公式SNSにアップした写真に対し、ファンからは「木村くんなりのエール」などと、2人の〝メンバー愛〟に感激する声が多く上がっている。

「結局、元『SMAP』のジャニーズ残留は木村のみに。かつてSMAPの事務所退所報道が出た際、メンバーで唯一〝独立反対派〟だったとウワサされた木村ですが、この結果を見ると、ある程度は事実だったのでしょう。中居は残留して木村の仲間に加わったように見えましたが、木村との距離感には異様なものがありました」(芸能記者)

しかし、そんな説を吹き飛ばすかのような言動を、木村がしているという。

「中居退所報道がされた20日、木村はソロコンサートを大阪で開催し、アンコールで『SMAP』の『俺たちに明日はある』という曲を熱唱。歌詞には《不器用過ぎるハンドルで突っ込んでいくのさ だけど止められない 転がるように走る》《一度きりの人生だから当たり砕け散ったかけらたち 抱きしめ今夜は眠ろう》などと、エールの言葉が並んでいます。また、同日に更新された中国版ツイッター『Weibo』には、照明で〝赤〟と〝青〟に包まれている会場写真をアップ。『SMAP』時代、中居は〝赤〟、木村は〝青〟のメンバーカラーでしたから、〝木村は中居の門出を応援している〟と読み解くことができます」(同・記者)

 

永遠のSMAP愛に感激するファン

実際に、ファンの間でも、

《今日木村くん2つの写真アップしたけど… 青と赤…?》
《木村くんなりのエールと受け取りました》
《木村君LIVE前のweiboに赤と青のステージ? もう無理 つとぷ最高!》
《木村くん赤と青の画像アップ分かる? 気持ちつながってる》
《青と赤の照明をあげ、ダブルアンコで『俺たちに明日はある』。つながってるって思っていいよね?》
《もう多分彼ら永遠にSMAPなんだな》

などと、彼らの〝メンバー愛〟に感激する声が続出している。

果たして、木村の真意とは…?

 

【あわせて読みたい】