芸能界で“藤田ニコルつぶし”の動き! 銭ゲバ醜聞で好感度がピンチ…

藤田ニコル

(C)まいじつ

2月19日発売の『週刊新潮』で、タレントの藤田ニコルが所属事務所のオスカープロモーションとギャラ配分で揉めている可能性があると報じられた。

同誌によると、ニコルのマネジャー的な役割を果たしていたニコルの母親が事務所と揉め事に。ニコルの仕事量が増えてスタッフなど人件費がかさむようになったため、ニコルのギャラの配分を減らそうとしたところ、母親が猛反発したという。なお、『週刊新潮』の取材に対し、事務所はこの出来事を否定しているようだ。

「ギャラの揉め事を報道されるのは、イメージが何より大事な芸能人にとって致命的。オスカーもそれを踏まえて『事実無根』と発表しているのでしょう。しかしその一方で、こんな個人的なスキャンダルが表に出てしまったのは違和感がある。業界内で〝ニコルつぶし〟の動きがあるのかもしれません」(芸能記者)

 

誰かが誰かを陥れる世界…

スキャンダルによってつぶされそうになった芸能人といえば、最近では女優の今田美桜がまさにそれだった。

「2018年9月に、これまた『週刊新潮』で、当時ブレーク真っただ中だった今田が、所属事務所の社長との熱愛を報じられました。また、事務所社長はドラマの撮影で〝お姫様抱っこ〟をされていた今田を、共演俳優から奪い取ったという証言も載ることに。しかし芸能事務所の社長が、撮影現場に大迷惑をかける暴挙をするとはにわかに信じ難い。今田のブレークに危機感を覚えた〝誰かしら〟が、スキャンダルをデッチ上げたとウワサされましたね」(同・記者)

だが、こんな〝疑惑のスキャンダル〟でも世間に与える影響は大きく、今田にはたびたびネット上で、《社長の愛人だからゴリ押しされてるんでしょ》《ドラマとかの実績ないのにCMとか出まくりなのは社長の愛人とか枕してるからだと思う》などといった声が投げつけられている。

果たしてニコルを陥れているのは誰なのか…。芸能界は闇が深い。

 

【あわせて読みたい】