広瀬すずも浜崎あゆみも…“堂々とウソ”をついたハラ黒美人芸能人たち

浜崎あゆみ

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

タレントの熊田曜子が2月16日、写真集の発売記念イベントで「子どもを産んでからジムとかエステは1回も行っていない」と語ったものの、過去に何度も行っていることがアッサリ発覚した。

熊田はブログで《授乳してからエステに行った》などと普通に書き記しており、昨年放送のテレビ番組では、大々的にマタニティーエステ通いを明かしたことも…。ここまでバレバレのウソをつくとは驚くばかり。ネット上では、

《またウソついたw》
《平気でウソつける人って何なの?》
《バレバレのウソついてまで頑張ってるアピールする理由は何?》

など、呆れ声が上がっていた。

 

誰が得する嘘なんだろう?

しかしなぜか芸能人は、バレバレのウソをつくことが多いようだ。

まずは浜崎あゆみ。2017年6月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、浜崎は機械系が苦手だと前置きした上で、スマートフォンが使えないと断言。続けて「電話とかも出ないです」「全然分からない。連絡先とかどこに出てくるのかよく分からないですし、アプリとかも分からない」と答え、スマホはケースに入れず「素っ裸で持っています」と言い放った。

しかし、この放送以前のインスタ投稿などで、浜崎はルイ・ヴィトンのケースにスマホを入れていることが判明している。さらに、13年にスマホアプリゲーム『LINEバブル』でファンと対戦するというイベントを行い、「私ゲーム中うるさいんです」と、そのハマリぶりを熱弁。浜崎はなぜ、スマホ音痴という謎のウソをついたのか、ネット上では疑問と驚きの声が続出していた。

続いては広瀬すず。17年2月放送の同じく『しゃべくり007』で、広瀬は大人風のコーディネートに挑戦することに。そこで赤いハイヒールを履いたのだが、広瀬は「ピンヒールをほぼ履いたことがない」と明かし、ヨタヨタと歩きづらそうにしていた。この様子に観客からは「かわい~!」という声が上がったのだが、これが〝演技〟だったといわれている。

というのも、広瀬はその前年のファッションイベントでは、10センチ以上はありそうなハイヒールでランウェイを颯爽と歩いていたのだ。さらに15年にも映画の舞台あいさつやCM発表会でピンヒールを履き、堂々と歩いている…。

芸能界で活動すると、すぐにウソがバレてしまうので大変だ。

 

【あわせて読みたい】