チュート徳井“わずか4カ月の激変”に仰天の声…「コワ過ぎる」

徳井義実 

(C)まいじつ 

2月24日からの芸能活動再開を発表した『チュートリアル』徳井義実。自粛から4カ月たったが、わずかな期間での〝老けっぷり〟に衝撃を受ける声が殺到している。

昨年10月、個人会社の約1億2000万円の申告漏れを東京国税局から指摘され、芸能活動を自粛していた徳井。今回、芸能活動再開に際し、『Yahoo!ニュース』に徳井のインタビュー記事が掲載された。そこでは、巨額の未納金の原因として、《結局は僕のズボラさ、認識の甘さというところになってしまう》《本当にそれしかないので、そうとしか説明ができなくて》と、以前の会見で語られたものと同様の理由を述べている他、自粛中の生活や発覚時の心境、相方・福田充徳への思いなどが語られている。

また、復帰後最初の仕事は調整中とのこと。一時はエゴサーチで批判的な意見を目にし、《仕事を辞めた方がいいんじゃないか》との境地に陥り、芸能界以外の道を模索しようとしていたことも明らかにしている。しかし現在は、《お仕事をいただけたなら、1つ1つ、ただただ一生懸命にやる》《一歩一歩進むしかない》などと、真摯な気持ちで芸能活動に取り組むことを宣誓。同インタビュー記事には、白シャツに身を包み、神妙な面持ちでインタビューに答えている徳井の近影も併せて公開されていた。

 

「テレビ出ないと一気に老ける」

「うつむき加減でテーブルの上で手を組む姿や、口を真一文字に結ぶ徳井。つい数カ月前までバラエティー番組で見せていたキラキラ感は全くなく、むしろ44歳らしい白髪や深いシワが目立っています。ほぼ家から出ない生活を省みて、最近はジムに通い始めたといいますが、いまだついた脂肪を落としきれていないのか、活動自粛前よりかは幾分肥えたように見受けられますね」(芸能ライター)

実際に、ネット上でも徳井の〝老い〟に対し、

《別人かってくらい老けてんな コワ過ぎる》
《老けメークしてるのかと思ったくらいびっくりした》
《10歳くらい老けた感》
《タレントってテレビ出ないと一気に老けるな》

などと、衝撃を受ける声が続出している。その一方で、

《疲れてる風の演出よね むしろ髪の毛ぐらい染めてこいよって感じ》
《同情してもらえるようにヤツれたフリしてる?》

など、うがった見方をする辛らつな声も。

インタビュアーも、スター性あふれる徳井を大勢のスタッフの中から《瞬時に視認できなかった》と語るほどの変貌っぷり。もはや徳井は外見さえ整えない〝ズボラ〟キャラでガンバっていくつもりなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】