窪田正孝“片岡鶴太郎レベル”激ヤセが心配…「病的」「キラキラ感なし」

(C)Carlos Banyuls / Shutterstock 

俳優の窪田正孝が2月23日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。その〝ガリガリ〟過ぎる近影に、多くの視聴者から心配の声が上がっている。

2020年上半期放送のNHK朝の連続テレビ小説『エール』で主演を務める窪田。現在、撮影は「フル稼働ですね」と月曜日から金曜日まで行っている上、一応の休日である土日もバラエティー番組の収録などで〝ほぼ休みナシ〟の働き詰めであることを告白していた。

また、窪田は昨年9月に女優の水川あさみと結婚。生活の変化を問われると、「家でご飯とか食べる楽しみがすごく増えました」などと、微笑ましい新婚生活を垣間見せた。そして、食生活にも変化があったようで、最近では身体のことを考えて肉の代わりに〝大豆ミート〟を食べていることを告白。その効果か、体脂肪率が5%だと明かすと、スタジオでは「10年後には、片岡鶴太郎さんみたいになるのでは」とツッコまれ、本人も大爆笑するのだった。

和気あいあいとした〝痩せイジリ〟であったが、視聴者からは、

《痩せ方が病的だよ》
《痩せ過ぎで老けて見える》
《痩せこけてるだけやん》
《何かキラキラ感がびっくりするくらい消えたよね。前は笑顔が爽やかな人だったのに今は普通な感じ》
《年々痩せてるよね 『ゲゲゲの女房』(NHK)の倉田役とかは普通体型だったのに》
《おじいちゃんみたい》

などと、心配する声が多く上がっている。

 

注意されるほどの肉好きなのに…

「もともと、『肉に関しては負けないです。誰よりも食べられます』と自信たっぷりに語るほど〝お肉好き〟だった窪田。共演者らと訪れた焼き鳥屋では、店の女将から『そんなに肉を食べたら具合が悪くなっちゃうよ』と注意されるなどのエピソードも合わせ持っています」(芸能ライター)

また、窪田の激ヤセは以前から心配されていたようで…。

「『エール』制作発表記者会見時も、窪田のガリガリ具合が話題になっていました。ドラマのモデルは作曲家・古関裕而ですから、当然、戦時中の話や病床に臥せるシーンも出てくるはず。昨年9月から撮影が開始されていますから、役作りの一環なのかもしれません」(同・ライター)

犬系の〝クシャッ〟とした笑顔が人気の窪田。激ヤセした現在ではその笑顔も多少〝痛々しく〟見えてしまうようだ。

 

【画像】

Carlos Banyuls / Shutterstock

【あわせて読みたい】