佐藤健“驚異のイケメン力”『恋つづ』上白石萌音が急にカワイくなった!

佐藤健 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2月25日、女優の上白石萌音が主演するTBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の第7話が放送された。放送開始以来ずっと不評だった上白石が、にわかに好評を博しているようだ。

同作の主人公・佐倉七瀬(上白石)は、5年前に偶然出会ったドクター・天堂浬(佐藤健)に一目ぼれ。彼を追い看護師となったのだが、憧れの天堂は、佐倉が思い描いていた人物とはまるで別人だった。超ドSな天堂に憤慨しつつ、仕事に恋に真っすぐな佐倉が、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく… というストーリー。

これまでの話で、ついに天堂の彼女になった佐倉。第7話では、天堂が〝壁ドン〟風のキスを佐倉に食らわせたり、佐倉の口元についたソフトクリームをキスでとってあげたりなど、胸キュンシーンの波状攻撃が繰り広げられた。さらに、若い男性患者にやたらと気に入られた佐倉を見て天堂が嫉妬するなど、天堂が佐倉にホレているという描写がふんだんに盛り込まれていった。

 

キュンキュンする度可愛くなる

すっかり天堂は佐倉に夢中になっているようだが、視聴者からも、

《恋つづ7話から萌音ちゃんいきなりかわいくなってませんか!!?》
《萌音ちゃん、回を増すごとにかわいくなってる》
《どうした? いつも大したことないのに、今回めっちゃかわいくないか?》
《上白石萌音ちゃん自身がどんどんかわいくなってってるよね? つまり、イケメンとキスし続けると、女性はかわいくなっていくってことだよね?》
《上白石萌音かわいくなってってるよね 佐藤健パワー?????》

など、佐倉を演じる上白石がかわいくなったと指摘する声が相次でいる。

「放送開始以来、佐藤健と上白石萌音のビジュアルが釣り合わないと非難の声が噴出していました。しかし、今では〝お似合い〟とまではいかないものの、ビジュアルに対する揶揄は激減。ドラマ後半で胸キュンシーンが増えるにつれ、上白石の女子力がアップしているのかもしれません」(テレビ雑誌ライター)

お相手のビジュアルまで変貌させてしまうとは…。佐藤健の〝イケメンパワー〟恐るべしだ。

 

【あわせて読みたい】