吉田沙保里を“相撲取り”扱い!? 『アフラック』新CMに困惑の声

吉田沙保里 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

現在全国で放送中の『アフラック』の新CMに、元レスリング選手の吉田沙保里が出演している。しかし、〝意味不明〟な設定に視聴者は困惑しているようだ。

西島秀俊と渡辺直美が夫婦役を演じ、レギュラー出演している『アフラック』CMシリーズ。今回の新CMには、夫婦が経営するカフェに吉田沙保里が〝本人役〟として登場している。

渡辺は店内でくつろいでいる吉田を見て興奮。そのままミーハーな様子で吉田に接近し、「あのー、吉田沙保里さんですよね?」と話し掛け、サインをもらうという展開。しかし、そのサイン色紙には吉田のサインとともに、なぜか〝手形〟が押されている。

 

渡辺直美の手形だったら納得

CM内では〝手形〟に対して一切ツッコまれずスルーされているが、多くの視聴者はこれに引っ掛かったようだ。ネット上では、

《客で来た吉田沙保里さんにサインは分かるけど手形押させるか? と毎回思う》
《手形の色紙あげてるの見て、毎回相撲取りじゃねぇんだから…と思ってしまう》
《手形ってw 関取じゃないんだからさー》
《設定とはいえ、吉田沙保里に手形をもらうアフラックのコマーシャルって。力士かよ!》
《手形どうやって押してんねんっていつも気になってるんだけど同じことを思ってた人が結構いた》
《サインもらうのはいいけれどなぜ手形付きなん…相撲取りかい》
《朱色の墨汁塗るの? スタンプ用意してるの? 服汚したら悪いし、手洗わせるの申し訳ないし…私には無理…》

などといった声が上がっていた。

「吉田はサービス精神が強くどんな仕事でも全力で引き受ける一方で、繊細な乙女の心を持っていることでも知られています。相撲取り扱いされた今回のCMに、人知れず心を痛めたことでしょう」(芸能記者)

精神的ダメージに、アフラックの保険は利くのだろうか。

 

【あわせて読みたい】