Kōki,“新型コロナ”注意喚起で炎上「イタリア帰りのオマエが言うな!」

Kōki, 

(C)まいじつ 

木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,が2月26日、自身のインスタグラムを更新。現在、世界中で新型コロナウイルスが流行していることを受け、《非常に難しく困難な時期だと思いますが、手を洗ったり、手指の消毒剤を使ったり、うがいをしたり、マスクを着用したりして、健康に気を付けてください》と英文でコメントし、最後に《皆さんの健康を心から願っています。一緒に頑張りましょう!》と呼び掛けた。

ファンからは、

《Kōki,ちゃんも気を付けて。お互いに健康に注意しましょう》
《今どこにいるのですか? 海外も感染が広がっているから気を付けてね》
《マスク不足大丈夫? くれぐれも健康には注意しましょう》

などと、エールが送られている。

 

親子揃って注意喚起をネタにされる

しかし一方で、つい3日前にはマスクもせずにイタリア観光する姿をSNSに投稿していたことから、批判の声が殺到する事態に。

《イタリアでも感染が拡大してるのに、マスクすらしてなかったのはなぜ?》
《イタリアでは死者10人も出てるのに、のんきに観光してましたよね? 今さら注意喚起ってw》
《イタリア帰りのオマエが言うな!》
《こういう形だけのアピール本当にやめてほしい。おまえマスクしてなかっただろ!》
《世界的にマスクやアルコール消毒液不足なのに、マスクしましょうってか? 本当に配慮のない人だ》

などと、非難の声が殺到している。

「Kōki,の投稿の2日前には、母親の工藤静香もインスタグラムで『さらにうがい手洗い頑張りましょう。外出時は温かい飲み物を持ち歩き、喉を潤しましょう』とコメントしていましたが、投稿に添えられた写真がカメラを意識してポーズをキメていたことから、『こんな時期に自撮りで決めポーズとか恥ずかしくないのか』などと、こちらも猛批判を受けています。親子でこの調子ですから、もはやわざと炎上を狙っているとしか思えません」(芸能記者)

しかし、この炎上によって、この親子の注意喚起がより拡散するとなれば話は別。自身の好感度を捨ててまで、みんなのために動いてくれたのかもしれない…。

 

【あわせて読みたい】