中居正広に続き長瀬智也も…次に「ジャニーズ辞めます」を口にする男は?

長瀬智也 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『TOKIO』の長瀬智也が、来年の2021年4月をもってジャニーズ事務所を退所する意向だと、『文春オンライン』で報じられた。

「2018年4月の山口達也脱退以降、『TOKIO』は音楽活動ができていません。デビュー25周年だった昨年もCDリリースやライブはなく、不祥事の連帯責任による活動停止状態が続いています。しかし、長瀬にとって音楽は芸能活動の核で、ここ10年近くはシングル曲の作詞・作曲も務めてきたほど思い入れが強い。一向に活動できない現状に我慢ならず、〝音楽をすること〟を求めてついに飛び出す決意を固めたようです」(スポーツ紙記者)

退所を決めた大きな要因は、もう1つあるという。

「昨年亡くなったジャニー喜多川前社長は、自身を芸能界に導いた〝父〟であり〝大恩人〟。そのジャニー氏がいないわけですから、事務所に残る義理もなくなったのでしょう。一代で時代を創ったカリスマ経営者が亡くなって部下も去っていく。日本企業によくあるパターンです」(同・記者)

つい先日には中居正広も独立を宣言したばかりで、『SMAP』解散以降、相変わらずゴタゴタが続いているジャニーズ事務所。ここ数年で所属タレントの離脱が相次ぎ、もはや「次は誰か」といった憶測が日夜飛び交っている状況にある。

 

残された「TOKIO」メンバーも退所へ傾くか…

「カギとなるのは何と言ってもジャニーさんです。彼に見いだされ育てられたタレントは皆、尋常ならざる恩を感じている。しかし亡くなった今となっては、恩より自由さを求める心が勝ってしまうでしょう。そして不幸なことに、ジャニーさんから特に世話になったのは今の30代後半以上の世代。アイドルを演じることに限界やつらさを感じる世代でもあるため、独立志向がより刺激されるのでは」(芸能ジャーナリスト)

具体的な名を挙げるまでもなく、長瀬の離脱で存続の危機を迎える「TOKIO」メンバーは〝次〟の筆頭だろう。

「長瀬が抜ければ『TOKIO』解散は免れないので、残された3人はいつ辞めてもおかしくない。特に、松岡昌宏は俳優として1人でも活動できるため、次期退所最有力候補といえます。一方、自ら否定するほどマスコミの解散説にうんざりしている『KinKi Kids』、互いをビジネスパートナーとして割り切っている『V6』は安泰。若手、中堅では、一向にブレークしない『A.B.C-Z』がヤケになって脱退・退所を選ぶかもしれません」(同・ジャーナリスト)

何かと激動が続くジャニーズだが、これは過去にも見られた〝産みの苦しみ〟でもあるようで…。

「今のジャニーズは90年代前半の状況に似ている。あのころの事務所は、田原俊彦が独立を宣言し、『男闘呼組』『忍者』『光GENJI』といった当時の事務所を支えたグループも相次いで解散しました。一方、『SMAP』は国民的アイドルと呼ばれるほど台頭し始め、新たなバンドの『TOKIO』、ユーロビートで最先端の音楽を取り入れた『V6』など、ニューウェーブが連続デビュー。『KinKi Kids』はデビュー前にもかかわらず全国区の人気を博し、大野智・今井翼・滝沢秀明・櫻井翔ら次世代のJr.が入所するなど、一気に世代交代が進みました。今のジャニーズも旧世代から新世代に移行する過渡期で、激動続きですが、あと数年もすればそのときの体制でしばらく安定すると思います」(同)

批判はあれど、日本の芸能界を彩り続けてきたことは間違いないジャニーズ。この難局を乗り切り、再び輝くことはできるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】