44歳・aiko『Mステ』ミニスカ衣装“見えそう”に大興奮「たまらん!」

2月28日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、歌手のaikoが膝上丈のミニスカート衣装で出演。四十路半ばの年を感じさせない大胆姿に、視聴者から驚きと称賛が続出した。

aikoは2月26日に発売した新曲『青空』を披露。衣装はチョコレートを意識したような色合いで、上下チェック柄と統一感を持たせている。とてもかわいらしいコーディネートのaikoだったが、視聴者の目を引いたのは下半身だ。

この日のaikoは、膝上15センチほどのスカートを着用。首からかけたストールが太ももあたりまでを隠してしまっているが、その美脚ぶりを存分にアピールしていた。さらに、ひな壇に座ったトーク場面では、スカートの短さからデルタゾーンがチラチラと…。44歳とは思えない若々しい色気に、視聴者は、

《見えそうで見えんやんセクシースカート》
《珍しくお膝出てるスカート》
《aikoのスカート丈やばない!?》

などとザワついていく。

 

「老いを感じない」「憧れでしかない」

その後のパフォーマンスでは「青空」を歌い上げ、ベテラン歌手の実力を見せつけたaiko。しかし、スカートのインパクトがあまりにも強かったのか、ネット上には、

《足がやばかった。ごちそうさまでした》
《aikoのスカートたまらん》
《ちっさい体の膝出しスカートで飛び跳ねまくってるaiko44歳》
《aikoのスカート三角ゾーンにしか目がいかなかったのは俺だけではないはず》
《この年で膝上スカートはけるとか憧れでしかない》
《いまだにあの丈のスカートはけるのすごいな 老いを感じん》

など、年齢を感じさせない美脚と勇気に対する称賛が上がっていった。

今年11月には45歳を迎えるaiko。このまま年を重ね、やがて「奇跡の50代」と呼ばれるようになるのは確実だろう。

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】