ゆきぽよ『ヒルナンデス!』コーデバトルが酷い…「テーマ関係ないやん」

ゆきぽよ

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

ギャルタレントの〝ゆきぽよ〟こと木村有希が3月3日、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の人気コーナー「格安コーデバトル」に出演。その〝テキトー〟な仕事ぶりに、視聴者からは〝クビ〟を望む声が多く上がってしまった。

同コーナーは、2チームが決められた予算内にてショッピングモールで全身コーディネート対決を行い、どちらがよりオシャレだったかをファッションプロデューサーの植松晃士氏がジャッジするという内容。〝助っ人〟となるモデルのセンスや、流行を取り入れた格安コーデが見どころとなっている。

この日は、日本テレビの徳島えりかアナをコーデする〝マエノリ〟こと前田典子と、同じく日テレの尾崎里紗アナをコーデするゆきぽよという〝女子アナ対決〟。テーマは「同僚と六本木ご褒美ディナースタイル」で、設定金額は1万8000円だった。

「尾崎アナは番組中、終始戸惑っていました。なぜなら、ゆきぽよがチョイスしたのは背中がざっくり開いたセクシーなピンク色のニットに、黒のレザーミニスカート、〝絶対領域〟の太ももを出したニーハイブーツ。さらに、ド派手なヒョウ柄のファーコートという、テーマをガン無視した〝ギャルコーデ〟だったのです。一方の徳島アナは、パンツにジャケットスタイルで〝きちんと感〟を出しながらも、春らしいピンク色のパンプスや大振りなイヤリングで、大人コーデを施されていました」(テレビ雑誌ライター)

 

「ギャルコーデをただただ着せるだけ」

勝負は案の定、徳島アナ&マエノリの勝利。尾崎アナは勝者にコーデを〝自腹〟でプレゼントするという罰ゲームを受けることになってしまった。

この様子に視聴者からは、

《いくらバラエティーのコーナーといえどテーマを完全に無視しているのはどうなんだ?》
《ギャルにさせられてかわいそう テーマ関係ないやん》
《トレンドとかテーマ全く関係ないギャルコーデをただただ着せるだけ》
《ゆきぽよが払えよ 変なん着せられて負けて金払わされて最悪やんけ》
《自分の趣味を押し付けてるだけで着る人のこと全然考えてない 全然似合ってないし何ならダサい》

などと、呆れる声が続出。今回だけでなく、ほぼ毎回このような展開になっているとして、

《毎回思うんやけど何でコーデバトルにゆきぽよ出れるんかほんと謎》
《ゆきぽよは好きだけどコーデバトルは向いてないと思うのよね》

など、コーナー〝解雇〟を希望する声も上がり始めている。

たとえスタッフからの指示によるものだとしても、もう少し上手に立ち回ってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】