田中みな実を新木優子が“公開処刑”!「比べたらかわいそう」

田中みな実

(C)まいじつ

花王の制汗デオドラント剤・ニベアの新CMで、田中みな実が〝公開処刑〟されてしまったようだ。

「夏ニベア宣言篇」では、田中とモデルの新木優子が登場。夏空を思わせるブルーバックの前で脇を上げ、爽快さをアピールした田中だが、いかんせん26歳の新木の前ではフレッシュさに欠けるのは明らか。ネット上では厳しい声が上がっている。

《田中みな実はかわいいけど、モデルと一緒にCM出演しちゃダメだろ。完全に公開処刑されてる》
《モデル体型の新木に対して一般的な背丈の田中。そりゃしょぼく見えちゃうのも仕方ないわw》
《写真集が売れて勘違いしちゃったのかな。共演者をきちんと選ばないからこうなっちゃうんだよ》
《しょせんはただのOL上がりだからね。本物のファッションモデルと比べたらかわいそう》

など、散々な言われようだ。

「田中が1人で出演しているニベアデオドラントのCMでは、美脇を全開アピールして〝あざとかわいい〟と評判でした。しかし新木との共演バージョンでは、33歳という年齢がモロに目立ってしまいましたね。また168センチの新木に比べて153センチしかない田中では、見劣りするのも確かです。写真集がバカ売れして本人は自信満々なのかもしれませんが、ファッションモデルが隣に立つと〝公開処刑〟だと言われても仕方ないでしょうね」(芸能記者)

 

「思ったよりおばさんだな」

男性ファッション誌『smart』(宝島社)では2月増刊号、3月号通常版の表紙に登場し、異例の2号連続でカバーを飾った田中。雑誌内でも新連載がスタートするなど男性ファンの取り込みに余念がない。しかしPR用に公開されたカットは首筋や指先に年相応の加齢が見られ、読者から「思ったよりオバサンだな」などの指摘も飛んでいるという。

写真集が予想外の大ヒットを記録した田中だが、やはり迫る加齢には逆らえない様子。未熟な演技力を指摘され、女優業のオファーには期待できないことから、将来の方向性に不安を感じるファンも多いようだ。

男性ファンは30代前半のうちに、熟れ頃の裸体を披露してほしいと期待しているが、果たして…。

 

【あわせて読みたい】