藤崎奈々子が久々に姿を現すも「別人みたい…」と驚きの声

(C)Cookie Studio / Shutterstock 

タレントの藤崎奈々子が3月3日、化粧品『サラフェプラス&レナセル』のブランドモデル就任イベントへ出席。彼女の姿に対し、「別人みたい…」と驚きの声が上がった。

藤崎は昨年5月1日に、10年以上付き合ったという一般男性と結婚。最近はすっかり表舞台から姿を消していただけに、久々に姿を見たという人も多かった様子。SNSなどでは、

《めちゃくちゃオバサンになってるw》
《自分が知ってる藤崎奈々子じゃない》
《何か、さとう珠緒みたくなってるなぁ。これは厳しいw》
《いやいや化粧品のアンバサダー就任は無理があるだろ》

など、厳しいツッコミの声が殺到した。

「1997年にフジテレビ・ビジュアルクイーンに輝き、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』のレギュラーを務めるなど大ブレークを果たした藤崎。しかし、最近はメディアへの露出が減り、手当たり次第に仕事を受けているような印象を受けます。2008年には『藤崎奈々子は豚骨ラーメン』を開店させましたが、翌年にはあっけなく閉店。名義貸し商法すらうまくいきませんでした」(芸能記者)

 

節操なく仕事を受けるも話題にならず…

藤崎の節操のなさはブログの投稿にも表れている。1月27日には『マセラッティランチ会』と題して、イタリアの高級車メーカー・マセラティの食事会に参加したことを報告。「魅力的な車がたくさん そして、カーブの曲がった姿が滑らかで素敵だったなぁ」とコメントし、優雅なセレブランチ会の様子をつづっていたのだが…。

「高級車をPRするのはいいのですが、その一方で、〝新車の軽自動車が1万円で買える〟とうたう自動車販売会社のイメージキャラクターに就任していますからね。ネット上では『どっちの車の方がオススメですか?』などと揶揄されています。2016年には、趣味のサーフィンに関連したボディボードブランドの広告撮影で、13年ぶりの水着姿を披露。抜群のプロポーションを披露しましたが、大きな話題になることはありませんでした」(同・記者)

今でも夏になると精力的にサーフィンをしているという藤崎。42歳になったとはいえ、そのスタイルの良さはまだまだ健在なので、いっそセクシー路線にチャレンジすれば話題になると思うのだが…。

 

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】